シミ消しクリームは市販で消えるのか!?

menu

シミ消しクリーム市販ランキング

シミの種類やそれぞれの対策方法について

多くの女性が悩んでいると口にする『シミ』の存在。

シミの種類やそれぞれの対策方法についてご紹介します。

 

実はシミには種類があるのをご存知ですか?

特徴や見分け方、それぞれの対策方法を解説します。

『なんとなく…』のケアをやめて正しい方法を身に付けたい方は必見です!

 

シミは肌内部にメラニンが蓄積され地肌の色よりも薄茶色~濃い褐色に見える部位のことで、主に次の4分類があります。

 

シミの種類と一覧表

シミの種類  特徴  見分け方 原因・影響
老人性色素斑  一般的に「シミ」といって思い浮かべる多くがこのタイプ。紫外線が当たりやすい顔や腕、手の甲や方に多くでき、主に40歳以上に見られる。 直径数㎜~数㎝

・紫外線をよく浴びてきた

 過去に浴びた紫外線
肝斑  30代~40代の女性に多く、目の周りを避け主に頬骨に左右対称に発生。口の周りや鼻の下に見られることもある。  ・やや大きい

・30~40代

・目の周囲にはない

女性ホルモンバランス
雀卵斑  「そばかす」のこと。鼻を中心とし頬にかけて広がる褐色の色素斑。手の甲・胸・肩などにもできる。  ・直径数㎜以下

・小さい頃からある

・家族にもある

 遺伝的要素
炎症後色素沈着  ニキビや傷・やけどやかぶれ日焼けの跡が茶色く色素沈着したもの。紫外線を浴び続けたりターンオーバーの乱れにより消えにくくなることがある。  ・ニキビ、やけど、かぶれなどの炎症を起こしたことがある  皮膚の炎症

 

シミの種類別対策!

シミの種類やそれぞれの対策方法について

できてしまったシミを完全に消し去ることはできませんが、薄く目立たないようにしていくことは可能なので、薄いシミならより見えにくく薄くすることができます。

シミのある肌細胞内では、メラノサイトからメラニンが過剰に生成され、放っておくとシミはどんどん濃くなる一方ですので、シミの種類に合わせた次のようなケアが必要です。

 

老人性色素斑(シミ)・雀卵斑(そばかす)

シミ・そばかすは基本的には同じようにケアをします。

スキンケアや外用薬、サプリメントや内服薬で薄く目立たないようにしながら、まだ目に見えていない肌内部に潜伏している隠れジミの対策をし、次のシミが増えないように防いでおくことが大事です。

 

肝斑

肝斑は治りにくく、美白ケアをおこなっていてもますます広がっているように感じている場合も肝斑の可能性があります。

これは妊娠などにより発生したり悪化することから女性ホルモンに関係性があると考えられていて、レーザー治療でもかえって悪化するとも言われているので細心の注意が必要です。

ですが肝斑の場合はトラネキサム酸配合の内服薬でなら安心して改善を期待することができます

 

炎症後色素沈着

これはターンオーバーにより消えていくことが望めますが、ビタミンCの内服やハイドロキノン配合のスキンケアなどを使用し早く薄くなるようにします。

塗った直後に消えるものではありませんが、最低1ヶ月半程度続けて様子を見ましょう。

 

必要な美白ケア成分

シミを薄くするには過剰になったメラニン生成の働きを抑えることが必要で、そのためにはメラニンへの対応が可能である成分を使用してケアをすると有効です。

また、シミのできた皮膚はできていない皮膚に比べると肌の生まれ変わりサイクルが滞っている状態なので、そこにメラニンがさらに蓄積しやすくなっているので、ターンオーバーを促しメラニンの排出をすることでシミを薄くしていきます。

そのためには次のような成分が配合されたものが必要です。

 

主な美白成分一覧表

・外用薬

・化粧品

成分  はたらき
ビタミンC誘導体  メラニン淡色化
エナジーシグナルAMP  ターンオーバー促進
4MSK  メラニン排出・メラニン生成抑制
リノール酸
アルブチン  メラニン生成抑制
コウジ酸 チロシナーゼ活性を阻害
エラグ酸
マグノリグナン
ルシノール チロシン・チロシナーゼ合体を防ぐ
ハイドロキノン チロシナーゼ抑制
カモミラET  メラニンを活性化させる伝達物質をブロック
トラネキサム酸

 

・内服薬

・サプリメント

 成分  はたらき
ビタミンC  メラニンの生成量を抑え蓄積されたメラニンに直接作用して還元する
ビタミンE  肌の新陳代謝を促進し抗酸化作用で活性酸素から守る
L-システイン  ビタミンCとともにメラニン生成の起因となる活性酸素チロシナーゼを抑制、新陳代謝を促す
トラネキサム酸  メラニンを活性化させるプラスミンの経路をブロック

 

潜伏中の隠れジミ

シミ対策には今以上に増やさないように一年中の紫外線対策が必要不可欠です。

ですので一年間を通して日頃から日焼け止めを使用し、帽子や日傘はレジャー時に活用するようにしましょう。

とは言っても『日焼け止めにはさまざまな数値が記載されていて選ぶのが難しい』とよくお聞きするので、環境に合った数値のものを選びやすいように目安をまとめておきます!

 

日焼け止め数値と使用環境の目安一覧表

SPF PA  環境 おすすめ
30以上  +++~  熱帯地方での屋外活動  ウォータープルーフタイプ
20  +++  レジャー・スポーツ・海水浴など
10  ++  散歩・ドライブなど軽い屋外活動 曇りや雨の日にも付ける習慣を
5  +  日常的な生活

 

外側と内側からのダブルで防御

どんな方にもまだ目に見えていないシミのもとが潜伏しているため、上記のような成分配合の美白化粧品・サプリメントを継続し身体の中からシミができにくい状態にしておきましょう!

 

食品ならビタミンC(ブロッコリー・イチゴなど)やビタミンE(ナッツ類・アボガドなど)の摂取をしましょう。

 

また、摩擦による色素沈着やシミのもとを作らないように、日頃からやさしい力加減でお手入れをしましょう。

例えば洗顔やスキンケアの時にゴシゴシと擦っていないか、使用量を減らして少ない量をのばしていないか、パックなどの基本使用時間を無視して長時間貼りっぱなしにしていないかなどにも要注意です。

 

まとめ

シミの種類やそれぞれの対策方法について

シミの種類やそれぞれのシミの対策方法を解説しました!

透明感のある肌に向けて、シミ・そばかすは正しい知識と方法で一日でも早い対策を心がけましょうね。

 

 

The following two tabs change content below.
美容アドバイザー MANACHI

美容アドバイザー MANACHI

はじめまして!美容アドバイザーのMANACHIです。 『あなたのためのキレイをご提案』をコンセプトに、育児のかたわら有名なコスメからまだあまり知られていないもの、そして美容の基本などをお伝えしています。 美容学校やビューティーアドバイザ―としての学び・経歴を持ち、スキンケアやメイクアップを通し女性が美しく輝くことが大好きな一児のママです。 約10年にわたり積み重ねた経験と美容知識をもとに、みなさんの『なぜ?』を解決し、あなたの毎日が明るくなるよう『キレイ』の秘訣をお伝えしていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。