シミ消しクリームは市販で消えるのか!?

menu

シミ消しクリーム市販ランキング

シミとそばかすの違いとは!?消したい女性が今やるべき3つの方法

シミとそばかすの違いとは!?消したい女性が今やるべき3つの方法

『シミとそばかすを消したい!』『シミとそばかすは同じもの?違いがある?』というふうに、シミとそばかすの消し方やその違いなど詳しいことがわからないという声が多いです。

ここではシミ・そばかすの違いを詳しく、また、消したい女性が今やるべき方法を3つご紹介します。

 

そばかすというと、透き通った色白の肌の女性や外国人の子供などの肌にあるように、可愛らしいイメージがありますよね。

美容アドバイザーの私の視点では、そばかすがあるからこその日本人離れしたおしゃれな雰囲気も、ひとつの個性であり魅力だと考えます。

 

ただ、消したいと思っている本人にとってはとても大きな悩みだということも。

  • 『できればそばかすを無くしたい』
  • 『シミやそばかすを目立たないようにしたい』

このように考えている方の声も多くありますのでそんなあなたのための解決策をまとめていきます。

 

  • 『最近そばかすができて困っていて・・・』
  • 『シミが濃くなってきた・・・』

そんなふうにお悩みのあなたも、シミやそばかすをなくしたいならばぜひ知っていてほしい知識をご紹介しますので身につけていただきたいと思います。

シミ・そばかす対策をするために、まずはその違いや原因といった疑問点から見ていきましょう。美容学校・美容部員出身の美容アドバイザーMANACHIがまとめています。

 

目次(目次を見る場合は表示をクリック!)

シミとそばかすの違いは先天的か後天的かということ

シミそばかす

一般的に言うシミとそばかすですが、実は似ているようで明確に違う点があります。皆さんが呼ぶ『そばかす』とは正確には『雀卵斑(じゃくらんはん)』と言い、遺伝的要素により子供の頃からできるものです。細かく言うと、いくつかあるシミの種類の中の一種です。

そばかすは、主に色白で乾燥肌の方ができやすいという特徴があり、鼻や頬の広い面など顔の中心部から広がったようにできるもの。色白の方ができやすい理由として、メラニン色素がもともと少なく、紫外線を浴びることで肌を守ろうとメラニンが過剰につくられてしまうのです。

また、乾燥肌は紫外線などの刺激を受けやすくターンオーバーが乱れがちであることから、シミそばかすを引き起こす影響のひとつでもあるのです。つまりメラニンを活発に排出しやすい『肌質の遺伝』がそばかすを引き起こすということです。

妊娠などをきっかけにして、大人になってからできる場合もあります。これは高齢で見られないようになることから、女性ホルモンの影響もあるとされています。それに対しシミは、紫外線やストレスなどによって排出しきれなくなったメラニンが定着し、大人になってからできるもの。このことからわかるように、そばかす=先天的シミ=後天的というのが決定的な違いです。

 

シミそばかすの種類一覧表

そそばかすやシミは種類によってケアや治療方法が違うものもありますので、間違ったケアでシミ・そばかすを濃くしてしまわないように今あなたが悩んでいるシミの種類がどれなのかを、上記の一覧表を確認しておきましょう。

実はシミにはこのように種類がたくさんあります。各種類の対策はこちらの記事を参考にしてください。

↓ ↓ ↓
シミの種類とそれぞれの対策方法について

 

シミ・そばかすに影響を与えるメラニン

なぜ紫外線を浴びるといけないのか、その理由は、シミ・そばかすが濃くなる原因メラニンの存在があるからです。

もともとメラニンというのは私たちの肌細胞を守る大切な役割をしていて、紫外線を浴びた肌に炎症が起きるとこれ以上ダメージを増やさないために働きます。紫外線を浴び蓄積されたメラニンはターンオーバーによる排出が追いつかず、とどまり続けてしまいます。

さらに、ストレスや食生活、年齢、また活性酸素などといった原因も重なり、メラノサイトが働き続けてメラニンをつくり続けることで、排出されなくなったメラニンがシミとして定着してしまいます

ですから、先天的なそばかす、後天的なシミの両方にとって、紫外線から肌を守ることが必要不可欠ということなのです。

 

シミ・そばかすを消したいならこれをやるべき!3つのセルフケア

シミとそばかすの違いとは!?消したい女性が今やるべき3つの方法

シミとそばかす、この二つには共通点があります。

それはシミとそばかすは、紫外線やストレスにより濃くなってしまうことです。

つまりどちらも、紫外線対策を徹底して行い、肌の生まれ変わる周期であるターンオーバーのリズムを整え、シミのもとを溜め込まないようにする必要があるということです。

 

実はできてしまったシミ・そばかすを全て消し去ることは残念ながらできません。だからこそ予防が必須なのですが、できてしまったシミ・そばかすに何の手立てもないのかと言うとそうではありません。

今あるシミ・そばかすを薄くし、今以上に増やさないようにしていくことは可能です。

そのためにすぐに始めることができるセルフケアとして次の3つのような方法があります。

  • 【1】基本の3ステップで肌づくりをする
  • 【2】紫外線から徹底的に守る
  • 【3】内側から健やかな肌をつくる

美容の治療などに比べて初めての方にもハードルが低くなりますのでチェックしてみてくださいね。下記一覧表のおすすめアイテムについても解説します。

 

シミ・そばかす消しのセルフケア紹介アイテム一覧表

クレンジング アテニア スキンクリアクレンズオイル アロマタイプ
カバーマーク トリートメントクレンジングミルク シミとそばかすの違いとは!?消したい女性が今やるべき3つの方法
洗顔 サボン フェイスポリッシャー R
エンジェルホワイトパーフェクトソープ シミとそばかすの違いとは!?消したい女性が今やるべき3つの方法
化粧水 アルビオン 薬用スキンコンディショナーエッセンシャル
アンプルール ローションAO II シミとそばかすの違いとは!?消したい女性が今やるべき3つの方法
美容液・クリーム ONE BY KOSE メラノショット ホワイト シミとそばかすの違いとは!?消したい女性が今やるべき3つの方法
ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9
日焼け止めクリーム サエル ホワイトCCクリームコンセントレート
DEW UVデイエッセンス シミとそばかすの違いとは!?消したい女性が今やるべき3つの方法
コンシーラー NARS ソフトマットコンプリートコンシーラー シミとそばかすの違いとは!?消したい女性が今やるべき3つの方法
アンプルール コンシーラーHQ アンプルール ラグジュアリーホワイト コンシーラーHQ
サプリ ホワイトショット インナーロックタブレットIXS シミとそばかすの違いとは!?消したい女性が今やるべき3つの方法

 

シミそばかす消しセルフケアその1『基本の3ステップで肌づくり』

シミ・そばかすを薄くするためには、メラニンを排出させる成分やメラニン色素に働きかける美白成分配合の配合された化粧品を使用します。シミ・そばかすを薄くするには次のような美白成分配合の化粧品を必ず取り入れます。

シミを薄くする代表的な美白成分に下記のようなものがあります。

  • アルブチン
  • コウジ酸
  • トラネキサム酸
  • ビタミンC誘導体
  • ハイドロキノン

しかし、いくら美白化粧品を使っても、肌表面が受け入れられない状態ではその効果を最大限に発揮することがむずかしくなってしまいます。また、肌のコンディションを整えてメラニンを肌にとどめないようにしておくことが大切。その理由は、肌の状態が良くないと紫外線によるダメージから肌内部を守ることができないからです。

そこでシミ・そばかすを薄くするために必要な肌づくりの方法が次の3ステップです。

  • 基本のステップ①取り去るケア:クレンジング・洗顔
  • 基本のステップ②整えるケア:化粧水
  • 基本のステップ③育むケア:美容液・クリーム

では美白有効成分を配合した美白化粧品を使用し、その効果を最大限に引き出す『基本の3ステップ』についてご紹介します。

 

肌タイプ別:基本の3ステップに必要なアイテム一覧

 

基本の3ステップ①取り去るケア

まずはじめのステップ①『取り去る』では、古くなった角質が肌に残らないようにしておくことで、肌をやわらかくし、化粧水などが浸透しやすい状態にしておくことが大事です。

ここでの使用アイテムは、

  • クレンジング
  • 洗顔
  • ふき取り化粧水

そのほかピーリングジェルやクリームなどもここにあたります。

 

肌タイプ別に合わせたクレンジングの選び方

また、肌タイプに合わせてクレンジングの種類を選びましょう。それは種類により配合されている成分と、仕上がりの肌が違うからです。

おすすめは次のようになります。

  • てかり・べたつきが気になる=オイリー肌⇒ すっきりとした仕上がりになるオイルタイプ
  • 乾燥ジワ・小じわが気になる=乾燥肌・敏感肌⇒ しっとりとした仕上がりになるクリームタイプ

そして普通肌の方や混合肌の方は、どちらの悩みの方がより気になるかで選択します。

おすすめは、乾燥のリスクを減らすクリームタイプです。なぜならテカリのある肌の多くは乾燥からそうなっている場合が多くあるほど、乾燥している方が多いことや、年齢を重ねるとどんな肌タイプも乾燥肌になっていくからです。

 

クレンジング・洗顔の注意事項

どのアイテムでもやってはいけないことは次の3つです

  1. ゴシゴシこすらない
  2. 長時間続けない
  3. 基本使用量より少なくしない

これは肌への負担を軽減するために避けてほしいことです。この3つのうちどれか一つでも当てはまったあなたは、肌が摩擦によりダメージを受けかたくなり、シミ・そばかすやくすみをつくりやすい状態になってしまいますので気を付けましょう。

 

 

おすすめクレンジング【1】アテニア スキンクリアクレンズオイル アロマタイプ

4つの美容オイル配合の大人のクレンジングオイル。スピーディーに落ちにくいウォータープルーフのメイクまでいっきにオフします。大人気のクレンジングです。

ポイントのメイクオフまで一気にしたい方にもオイルクレンジングはおすすめです。

価格:1836円(税込)175mL

おすすめ度:★★★☆☆

 

口コミ①洗いあがりがさっぱりしています
30代前半・普通肌さん

まつエクをしていても使えるということで人気のこちらを購入しました。洗いあがりがさっぱりしていて好きです。

 

口コミ②良い香りでクレンジング力がある
20代後半・オイリー肌さん

柑橘系のさわやかな香りに癒されます。お手頃なお値段だしベタベタしない!評判通りのクレンジングオイルです!

 

 

おすすめクレンジング【2】カバーマーク トリートメントクレンジングミルク

シミとそばかすの違いとは!?消したい女性が今やるべき3つの方法

クレンジング力だけでなくトリートメント力にもこだわった低刺激なクレンジングミルク。乾きがちな肌にもやさしいミルク状。ポンプ式のミルクタイプは使いやすいですね!

まつ毛エクステを付けている方でも使用可能です。保湿をしたいクリームクレンジングがお好きな方にも好評です。

価格:3240円(税込)200g

おすすめ度:★★★☆☆

 

口コミ①肌がしっとりする
20代前半・アトピー肌さん

刺激がなくてやさしいです!アトピー肌持ちですがこれならかさつきやひりつきもなく大丈夫だったので気に入りました!

 

口コミ②ミルククタイプでもクレンジング力がある
40代前半・乾燥肌さん

ミルクタイプでもしっかりとメイクが落ちるのでよかった。これなら肌がつっぱらずに使えますね。

 

 

おすすめ洗顔【1】サボン フェイスポリッシャー R

肌をつるんとなめらかにして透明感のある肌に整えるフェイス用スクラブで、泡立て不要で話題の洗顔です。

肌あたりの良い細かいスクラブ入りで古い角質まで除去。レモングラスやミントのすっきりとさわやかな香りが朝の目覚めを良くします。

価格:4800円(税込)200g

おすすめ度:★★★☆☆

 

口コミ①肌がつるつるになった!
30代後半・混合肌さん

ミントの香りが心地いいです!肌がつるつるになって化粧水の浸透が良くなりました!

 

口コミ②毛穴が目立たなくなる
40代前半・乾燥肌さん

スクラブのおかげで黒ずみがすっきり!ザラザラしたキメの乱れが落ち着き、毛穴が目立たなくなりました。

 

 

おすすめ洗顔【2】エンジェルホワイトパーフェクトソープ』

シミとそばかすの違いとは!?消したい女性が今やるべき3つの方法

美白成分アルブチンを使用した肌あれにやさしい無添加タイプの固形洗顔せっけんです。

もこもことしっかりとした泡立てが楽しくなる固形状が好評です。美白成分を配合しているのがうれしいところ。

価格:2980円(税抜)

おすすめ度:★★★★☆

こちらでもくわしく解説しています
↓↓
エンジェルホワイトパーフェクトソープの成分や効果が評判な理由

 

口コミ①スキンケア成分を使用しているせっけんなので安心
40代後半・普通肌さん

パパインや豆乳発酵エキスなどスキンケア効果が高い成分が入っているのがエイジングケアをしたい私としては助かります。

 

口コミ②泡立ちが良いところが好き
20代後半・敏感肌さん

泡立ちが良く洗いあがりはすっきりしています。敏感肌でも低刺激で使いやすいです。

 

 

基本の3ステップ②肌を整えるケア

次のステップ『整える』では肌のうるおいのバランスを整え向上させることを目指します。

このうるおいバランスを整えておくことは、紫外線やストレスに負けない肌の状態にしてターンオーバーのサイクルの乱れを防ぎ、不要なものを排出しやすくとどまりにくい肌にしていくためにとても大事です。

使用アイテムは、化粧水・乳液が必要不可欠です。また、オールインワンゲルまたはオールインワンクリームも、ここにあたります。

 

化粧水・乳液の注意事項

この時に気を付けてほしいことは、基本使用量と基本の使用方法を守ることです。

よく、化粧水なら『コットンに500円玉大の量を取りやさしくつける』と書いてあったとしても、手でバシャバシャとつけてしまう方が非常に多いのが現状。

この基本使用方法や使用順序は化粧品メーカーによりさまざまですが、最も効果が出る方法がそれぞれの配合成分によって異なるので、ご使用の際は説明をよく確認してから正しくおこなってください。

 

 

おすすめ化粧水【1】アルビオン 薬用スキンコンディショナーエッセンシャル

しなやかですこやかな肌にするために積極的に働きかける薬用化粧水。アットコスメでの殿堂入りのほか、数々の美容雑誌、ファッション誌で美容にこだわる女性に大ヒットし、もはや不動の人気に。

愛され続けて約40年がたつ、高級ハトムギ配合と言えばこちらです。フェイスマスクにしみこませたローションマスク用としてもおすすめです。

価格:110ml・3,500円 / 165ml・5,000円 / 330ml・8,500円

おすすめ度:★★★★☆

 

口コミ①くすみが取れ明るい肌になった
30代後半・敏感肌さん

始めはニキビやくすみに悩んで友人のおすすめで使用しました。さっぱりしていてキメが引き締まりすね。
ローションパックにも使ってます。そうするとくすみが取れるのでおすすめです。

 

口コミ②香りもいい!肌アレしなくなった
30代後半・混合肌さん

はじめて香りを嗅いだ時は独特だったので好みが分かれそうと思いましたが、今ではこの香りにいやされてます。
ニキビ跡のシミも薄くなり、肌アレしにくい安定した肌になりました!

 

 

おすすめ化粧水【2】アンプルール ローションAO II

シミとそばかすの違いとは!?消したい女性が今やるべき3つの方法

美容皮膚科でシミの治療に使用されることで注目されている美白成分を安定化させたアンプルール独自のアイン安定型ハイドロキノンによる美白化粧水。

肌をうるおすセラミドやヒアルロン酸も配合しているのであくるくもっちりとした肌になります。

肌あたりが良く、季節の変わり目にも最適です。

価格:5400円125mL

おすすめ度:★★★★☆

アンプルールについてこちらで詳しく解説しています
↓↓
アンプルールは大人のシミ消しにも対応できると人気の美白

 

口コミ①はじめて美白効果を感じた化粧水
20代後半・乾燥肌さん

ハイドロキノンが美白力があるので自分には刺激が強いかもと、まずはトライアルセットで試して、今はラインで使用しています。

肌の明るさをすぐに感じることができた化粧水です。

 

口コミ②肌にハリと透明感が出ました
30代後半・混合肌さん

とろみのある肌あたりのいい化粧水で、肌のハリと透明感を感じます。

もともとはお試し用をもらったのがきっかけです。美白化粧水だけどしっかり潤う保湿力ですね。

 

基本のステップ③育むケア

3つ目のステップは肌細胞に効果的に美白成分を届け、うるおいを持続させバリア機能を高めます。スキンケアの工程の中ではいちばんその効果が詰め込まれているのです。

使用アイテムは、美白美容液美白クリームで、そのほか応用としてローションマスクやマッサージクリームを使ってもいいですね。

 

美容液・クリームの注意事項

そしてここでも使用順序や使用方法を守ってください。特に美容液は乳液の前に使うものや化粧水の前、化粧水のあとなど、メーカーにより幅広く使用方法が分かれていますのできちんと確認するようにしていきましょう。

また、ハイドロキノン配合のアイテムでは、朝と夜使えるものや夜のみの使用などもあるのでご注意を。

 

 

おすすめシミ消し【1】ONE BY KOSE メラノショット ホワイト

シミとそばかすの違いとは!?消したい女性が今やるべき3つの方法

シミのもとを無色化する最新型に進化したコウジ酸配合の美白美容液の最新型です。

1988年に美白有効成分として認可されてから30年となった実績の成分。数多くの美容情報誌やファッション誌でもおなじみの人気美容液です。

圧倒的な美白成分を配合しながら美白美容液の中では平均的な価格というところもありがたいですね。

価格:40ml(付けかえ用)・5,000円 / 40ml(本体)・5,300円

おすすめ度:★★★★★

 

口コミ①評判通り効果を感じられる美白美容液
30代後半・敏感肌さん

評判通り、浸透がとてもよくテクスチャーも香りも好きです。美白成分がとても良いのに美白だけじゃなくてしっとりとした安心感のあるうるおいバランスです。

 

口コミ②つけ心地も良い!
40代前半・乾燥肌さん

もともと色白な方で美白はいろいろ使ってましたがこれは付け心地も良く、顔がパッと明るくなるので美容液はもう色々試さずこれで続けていくことにします。

 

おすすめシミ消し【2】ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9

紫外線ダメージをなくして透明感のる肌にするナイトクリーム。

ビーグレンの浸透力にこだわった処方で、QuSome化したハイドロキノンを配合しています。

美容雑誌にも数々に掲載されて、透明感を引き出して整えてくれます。美白成分で大注目のハイドロキノンを確実に肌に浸透させるドクターズコスメです。

価格:6480円(税込)15g

おすすめ度:★★★★★

こちらでも詳しくチェックできます
↓↓
ビーグレンの口コミ人気と美白効果

 

口コミ①ワントーン明るい肌になりました
30代前半・オイリー肌さん

肌が荒れているときに使い始めたんですが、ぜんぜんしみなくて、肌が落ち着いてなめらかになりました。これで夜にしっかりお手入れしておくと、肌がワントーン明るくなって調子がいいので、化粧の手間も減りました。

 

口コミ②気になる部分の集中美白ケア
50代前半・乾燥肌さん

シミやくすみになりにくいと聞いて購入しました。気になるところにつけていますと乾燥までしなくなって保湿力があると感じます。それでもべたつきがまったくありません。効果があって長持ちしますのでお気に入りです。

 

 

シミそばかす消しセルフケアその2『紫外線から徹底的に守る』

シミ・そばかすを薄くする2つ目の方法は『紫外線から徹底的に守る』です。これは、紫外線を防ぐ目的のほかに、乾燥やほこり・花粉などの空気中の汚れから素肌を守るというものです。

使用アイテムは、次のようになります。

  • 日焼け止め
  • 化粧下地(メイクアップベース)
  • リキッドファンデーションまたはパウダーファンデーション
  • コンシーラー
  • フェイスパウダー

お顔だけは洋服を着られません。ですので代わりに日焼け止め・ファンデーションをまとい素肌を守ります。ここまで読んでいただいたあなたはもうおわかりの通り、紫外線がシミ・そばかすを増やしますがそれだけではありません。さまざまな肌の老化をまねきます。ですので年間を通して欠かすことなく日焼け止めを使用しましょう。

 

【生活シーン別】日焼け止め数値の目安一覧表

生活シーン 日焼け止め指数
日常生活 SPF20・PA++程度まで
屋外でのスポーツ・レジャー SPF10~30・PA+++程度まで
炎天下でのレジャー・リゾート・マリンスポーツなど SPF30~50+・PA++++

日焼け止めと言うとよく質問があるのが『日焼け止めの数値問題』。

『SPF○○の○○の数値が高いほうがいい?』このような悩み以外にも、『まず何を基準に選べばいいかわからない』という方がたくさんいます。日焼け止めを選ぶ際は、次の3つを守るようにしてください。

  • 年間を通して使用し続ける
  • 正しい基本使用量を塗る
  • 生活シーンに合わせた数値の日焼け止めをつける

そして上の表の目安数値を見て、シーンに合わせた日焼け止め選びが必要なので、出かける地域の紫外線の強さや時間帯などを考えておきましょう。

肌を黒くするUV-Bだけでなく、UV-Aの場合は窓ガラスや雲も通り抜けて肌の表面だけではなく真皮層まで届くので、くもり・雨の日や冬にも日焼け止めが必要です。

 

日焼け止めや下地の注意事項

ここでもよくある注意点なのですが、日焼け止めをなじませるため肌の上でのばし続ける方もたくさんいます。

これは肌に乗せた日焼け止めを『こすりとっている』のと同じこと。ですので、あまり何度も同じ所をのばさないようにし、トントンと軽くのせていくようにしてください。

お顔の場合の1回分の使用量はてのひらに500円玉ほどの量が目安です。ですがメーカーによって多少前後しますので必ず確認してから使用しましょう。

そして帽子・日傘・サングラス(UVカットタイプでレンズの色が透明~薄いもの)などもあわせて活用するのがおすすめです。

 

 

おすすめの日焼け止め【1】サエル ホワイト CCクリーム コンセントレート

敏感肌用ホワイトニングスキンケアのサエル日焼け止め化粧下地。

肌のバリア機能をサポートしながらSPF50+・PA++++でしっかり紫外線をガード。

顔の色むらを自然にカバーするCCクリームです。

価格:4,860円(税込)

おすすめ度:★★★★☆

サエルについての情報はこちら
↓↓
サエルの美白効果の気になる口コミ評価

 

口コミ①自然な色で色むらをカバーできる
30代後半・敏感肌さん

敏感肌でニキビ跡やニキビがあり敏感肌用美白のサエルが気に入っています。自然な肌色でなじみがいいです。

毛穴やニキビ跡や色むらがきれいにカバーでき、保湿力もあります。

 

香りやべたつきのないカバータイプ
30代前半・オイリー肌さん

みずみずしいタッチでよくのび、香りやべたつきもなく使いやすいです

カバー力があるのでこれひとつでファンデ要らずで楽になりました!

 

 

おすすめの日焼け止め【2】DEW UVデイエッセンス

シミとそばかすの違いとは!?消したい女性が今やるべき3つの方法

協力紫外線からも肌を守るSPF50+・PA++++の日焼け止め美容液。

持っちりとしたハリ肌にし、汗・水に強いウォータープルーフで、皮脂にも強く崩れにくい処方です。

価格:3240円(税込)40g

おすすめ度:★★★★☆

 

口コミ①香りも後肌も良いもっちり系
20代後半・乾燥肌さん

コクのある使い心地で潤いますがべたつきがありません。

油分が多いクリームだと乾燥するのにテカるのが嫌ですがこれは大丈夫です。さわかな香りで後肌がもっちりするところが気に入っています。

 

口コミ②肌当たりが良くて化粧くずれしない
40代前半・敏感肌さん

敏感肌です。同じような日焼け止め下地を使っていましたが、しみるのでやめました。こちらはしみないし肌当たりが柔らかく刺激がなくて安心できます。かためのテクスチャーで、化粧くずれしにくいですね。

 

実は日焼け止めの基本的な使い方として、こまめなぬり直しが必要なのです。しかし、からだはなんとかできても、お顔はメイクの上から塗りなおすのは大変ですよね。

ですので、化粧下地やファンデーション・コンシーラーなどにもUVカットの効果が入っているものがおすすめです。

そして、紫外線を浴びるとシミ・そばかすが濃くなってしまうので、メイクでそばかすのカバーと紫外線ブロックをし、パウダーファンデまたはフェイスパウダーでメイク直しという簡単なぬりなおし方法で完璧な状態にしましょう。

人の視線が気になるあなたも次の方法なら安心。そのコツについて次にご紹介します。

 

ナチュラルに見せる2つのコツ

実はナチュラルメイクとは、『メイクを薄くする』ということではないんです。

ナチュラルメイクとは、もとの肌がそうであるかのように必要なところのみに適度なカバーをし、自然に見えるように仕上げることが重要。大人になればなるほどこのようなナチュラルメイクが重要。

 

●コツ1:ファンデーションは2色使いがマスト

ファンデーションのカバー力が高いものを選んでおけば、コンシーラーをぬるのが簡単に。

先ほどもご紹介したように、ここで覚えておいてほしいポイントは、実際の肌色よりもややトーンダウン(暗い色)した色を選ぶこと。通常の肌色のファンデーションだけではそばかすの部位が浮き上がってしまいますが、やや暗めの色味を使用することでもとの肌色に溶け込ませることができます

おすすめは、リキッドファンデーションを2色(素肌に近い色味・やや暗めの色味)を用意しておくことです。これは透明感を出しナチュラルメイクに作り上げることで自然な肌に仕上げるためです。

なぜその必要があるのかというと、ファンデーションが厚ぼったくなると、どうしても老けて見えてしまうという難点があるからなんです。また、この時点で叱りと仕上げておくことで、日中の化粧崩れを防ぎ、日焼け止めのぬり直しの手間を減らします。かわりにパウダーファンデーションか、フェイスパウダーで化粧直しをすればOKです。

 

●コツ2:コンシーラーはシミ消しにマストなアイテム

コンシーラーは部分用に使用するためにつくられているのでもともと密着度があり、またカバー力もファンデーションを塗り重ねるよりもいっきに強くなります。

つまり、何度も塗り重ねたファンデーションよりも、ひとぬりで濃いカバーを実現することが出来るので、部分的なカバーにぴったりです。そのためそばかすをカバーするには、いつものベースメイクにコンシーラーを重ねるのがおすすめです。

 

シミ・そばかす消しベースメイクの手順!ナチュラルに見せるつけ方

シミ・そばかすを隠すベースメイクの手順は次のようになります。ファンデーションの前に日焼け止めクリーム・化粧下地を済ませておいてくださいね。

  1. リキッドファンデーション①暗め(使用する場合)
  2. リキッドファンデーション②通常の色味(使用する場合)
  3. コンシーラー(カバー力を上げる場合)
  4. フェイスパウダー(どの場合においても必ず使用する)
  5. パウダーファンデーション(使用する場合)

ではひとつずつ詳しく解説します。

 

●手順1:リキッドファンデーション(暗め)をそばかす部分だけにぬる

ふたつのリキッドファンデーションでカバーを行う場合、ここでは元の肌色よりも暗めの色味でカバー力の強いリキッドファンデーションを使用します。

このときお顔全体ではなくそばかす部分にだけにぬるようにしましょう。のばすのではなく、指の腹を使ってたたき込み、肌にのせるようにしてください。

 

●手順2:リキッドファンデーション(肌色に合ったもの)を全体にぬる

ふたつめの、肌色に合わせたリキッドファンデーションはお顔全体に使用します。このときはじめにつけた 暗めのリキッドファンデーションの部分の上にも重ねづけになるようにたたきこんでいきます。

全体に広がったら、厚みのあるスポンジでたたき、余分なものが残らないようにします。これには化粧くずれを防ぐ効果があり、さらにきれいに仕上げることが出来るので必ずおこなってください。

首とお顔の境界線、額と髪の生え際の境界線には、手やスポンジに残ったファンデ程度のカバーで十分自然に仕上げるためにも外側に向かってスポンジでなじませきってくださいね。

 

●手順3:コンシーラーをそばかす部分にぬる

さらにカバー力を出したい場合、コンシーラーを使用します。リキッドファンデーションを使わずにパウダーファンデーションのみでカバーする方は、日焼け止め・下地のあとここからという手順になります。

そばかすのひとつひとつの外側からぬり、のせた後はそばかすの中央部はさわらないように気を付けましょう。カバー力を生かす場合は指で、自然に仕上げるにはスポンジでたたきこんで仕上げます。

 

●手順4:フェイスパウダーを必ず使う

ここまでのステップでカバーしたものがヨレないようにフェイスパウダーで閉じます。パウダーファンデーションを使用している場合もこのフェイスパウダーが大事です。

パウダーファンデーションより粒子が細かく、くずれにくくなるので、いったんここで全てを閉じ込めて、ここまでのベースが動かないようにしておきます。

 

●手順5:パウダーファンデーションは仕上げに使う

パウダーファンデーションはいちばん最後の仕上げです。ここでもそばかす部分をメインにふんわりとスポンジをすべらせるようにしてください。力を入れるとここまで積み重ねたベースがヨレてしまいますのでご注意を。

また、まばたきで最もよく動かすことになる目の周り、会話でひんぱんに動かすことになる口元にパウダーをつけすぎると乾燥するだけでなく、表情ジワに入り込みやすくなりますので気をつけてください

これがそばかすを隠すベースメイクです。

 

 

 

おすすめコンシーラー【1】NARS ソフトマットコンプリートコンシーラー

シミとそばかすの違いとは!?消したい女性が今やるべき3つの方法

軽い付け心地でありながら高いカバー力で肌の赤み、シミ、そばかすなどを目立たなくします。

ヒアルロン酸配合で乾燥しにくく、オイルフリー処方でくずれにくいコンシーラー。

価格:3672円(税込)

おすすめ度:★★★★☆

 

口コミ①きれいにカバーできます
20代前半・乾燥肌さん

ブラシで摂って少量ずつポンポンのせるようにしてつけると、ニキビ跡シミがきれいにかくれました。

乾燥しにくいので冬も使いやすいです。

 

口コミ②カラーが豊富なので助かりました
20代後半・オイリー肌さん

密着感がいいです!べたつかず重たくなる感じがありません。

カラーが豊富なので合う色が見つかりました。

 

 

おすすめコンシーラー【2】アンプルール コンシーラーHQ

シミ・そばかすやくまをカバーする美容液コンシーラー。

SPF50+/PA++++で紫外線の刺激から肌を守ります。

美白成分・新安定型ハイドロキノン配合なので日中もケアができます。

価格:4068円(税込)7g

おすすめ度:★★★★☆

アンプルールはこちらのページでも徹底検証しています
↓↓
アンプルールとビーグレンを徹底比較して発見した真実とは!

 

口コミ①日中用シミ専用美容液
40代前半・混合肌さん

メイクをしながらしみそばかすのケアができるので、日中用シミ専用美容液として購入しました。

自然なベージュなので肌色になじんでしみそばかすが目立ちません。

 

口コミ②スキンケア効果ありでカバー力もある
40代後半・乾燥肌さん

フィット感のあるカバー力タイプのコンシーラー。時間がたってもくずれず、浮いてこないのでとても気に入りました。

スキンケア効果があるのでつけておく価値があると思います。

 

 

シミそばかす消しセルフケアその3『内側から健やかな肌をつくる』

シミ・そばかすを目立たなくするためには、肌そのものを美しくしておくことが非常に重要です。

それにはキメをそろえ、透明感で光を反射するようなツヤ肌を手に入れ、乾燥ジワや小じわを防ぎ弾力のある肌を維持していくことが大事です。

そのためにはここまでお話したような外側からのケアだけでなく、身体の内側からのケアが必要です。それをどのように叶えていくのかという方法をお伝えします。

 

栄養バランスの見直し!糖質を減らしビタミンを積極的に摂る

シミ・そばかすをはじめ肌悩みを無くすためには食生活の見直しは必要不可欠です。

まず、ナッツ類は手軽で簡単にポリフェノールやビタミンEを摂ることが出来ます。朝食や、ついつい食べたくなる甘いものの代わりに取り入れていきましょう。

糖質を含んだ甘いものを減らすと、栄養バランスが整うため、肌荒れや大人ニキビの予防になります。そうなるとニキビ跡による色素沈着のリスクも軽減することが出来ます。

 

また、緑黄色野菜レバーなど、美肌作りに欠かせないお肌のビタミンCやビタミンB2を含む食品を毎日積極的に摂っていきましょう。

特にビタミンCは水溶性のため摂りにくく、コツコツとるように心がけてください。UCLA内科学助教授の津川友介氏によると、成分のひとつひとつではなく、魚・肉・野菜・茶色い炭水化物の食品そのものを摂るということが重要とのこと。

ひとつひとつの成分ごとではなく、食生活そのものをバランスよくおこなうことに注目すべきということなのです。

 

サプリメント・第3類医薬品によるサポートも必要

どうしても食事では摂りきれない美白成分はサプリメントで補い、メラニンに内側から働きかけ、肌の弾力を向上させましょう。

医薬品との違いは配合成分だけでなくその目的だとも言えます。医薬品が治療を目的とした薬であるのに対し、サプリメントは美容のために考えられた、美と健康的な毎日のサポートをするものであると言えます。

そのため、サプリメントは毎日、そして長く続けていける『食品』のうちに含まれるものでもあるわけです。また、医薬品の中でも『第3類医薬品』であれば副作用のリスクがとても低く日常的に続けやすくなっています。

配合される美白成分としては、下記を参考にしてくださいね。

  • トラネキサム酸
  • プラセンタエキス
  • ビタミンC
  • ビタミンB2
  • ビタミンE
  • ビオチン
  • パントテン酸
  • Lシスティン

このようなものを摂り、シミ・そばかす対策を外と内の両方行います。

 

 

おすすめのサプリメント ホワイトショット インナーロックタブレットIXS

シミとそばかすの違いとは!?消したい女性が今やるべき3つの方法

からだの中から透明感のある肌へアプローチする、飲むホワイトショット。

ポーラのオリジナル原料を配合しています。

価格:60粒\6,696(税込)/180粒\17,820(税込)

おすすめ度:★★★★☆

くわしくはこちらにも掲載しています
↓↓
美肌サプリメントのおすすめランキング

 

口コミ①1日1回で楽に続けられる
30代後半・オイリー肌さん

1日1回2粒飲むだけなので楽に続けられます。

シミが薄くなったので感動しました!肌診断をしてもらう機会があったのですが、透明度が高く驚きました。

 

口コミ②ハリ・つや・透明感とはだざわりがアップ
50代前半・乾燥肌さん

これを飲んでいると肌がなめらかでしっとりとすます。

ハリとつやがアップしくすみも抜けて、2ヵ月で効果を感じたのは初なので今後も続けていこうと思います。

 

 

美容皮膚科・クリニックで治療する方法

シミとそばかすの違いとは!?消したい女性が今やるべき3つの方法

『そばかすやシミをすぐに消したい!』

そんな場合に、なんといっても短い期間で効果的な方法は美容医療でのレーザー治療があります。

この美容医療について費用や方法が気になりますよね。これは次のような種類があります。

  • レーザーフェイシャル・光治療
  • レーザー治療
  • ぬり薬
  • 飲み薬

どんな内容なのか、下記をご覧ください。

 

レーザーフェイシャル・光治療

そばかすは子供の頃からあることが多く、シミよりも広範囲で細かくあるため、効率的に治療するのがこの方法。

これは、低出力のレーザーやフォトフェイシャル・IPL光治療など、点で攻めるのではなく面でケアするというものです。

波長を広範囲に発する光をあててメラニン色素を破壊しそばかすを薄くする治療法となります。

レーザーフェイシャル・光治療の費用は、保険適用外の実費負担です。5~10回セットなどがありますが、費用は部分的な頬のみの場合は1万円程度。お顔全体では3万円店度が相場となります。

 

レーザー治療

レーザー治療では黒色のメラニンにだけ反応するレーザーで、そばかすやシミの部分に照射することでやけどのような状態を引き起こし、かさぶた状態を経過し薄くしていくというものです。

この方法では光を特定の箇所にあてるため、シミや、老人性角化症にも効果的です。

治療効果に個人差や再発する可能性もあるのですが、一度診断を受けてみるのもいいですね。そこできちんと説明をしてくれるところにするためにも参考にしましょう。

レーザー治療の費用は、保険適用外の実費負担となります。1か所数ミリのシミにつき数千円~で、広範囲の場合5万円~20万円が相場です。

 

高濃度のぬり薬

皮膚科で処方する美白のぬり薬による治療法もあります。

これは高濃度なものが使用できるため、そのぶんかぶれなどのトラブルをともなう可能性もあるため、医師の定期的な指示のもとでおこないます。もっとも多い成分はハイドロキノンで、保管方法などの注意事項も確認し正しくおこないましょう。

皮膚科のぬり薬の費用は、数千円から数万円と幅が広く、クリニックによりさまざまあります。

 

飲み薬での治療

そばかすやシミに効果的な飲み薬でインナーケアをおこない改善していく方法も。

L-システインビタミンCビタミンEにより抗酸化やニキビ対策をし美白効果を得るものがあります。皮膚科の飲み薬の費用は、1ヶ月分で約2000円程度が目安です。ぬり薬・飲み薬は診察料などが加わります。

 

シミとそばかすの違いと消したいあなたへ!カギは毎日の積み重ね

『シミ・そばかすを消したい!』とお悩みのあなたにしてほしい方法を3つにまとめてご紹介しました。

  • ①美白化粧品で肌づくり…美白化粧品使用の理由とおすすめアイテム
  • ②紫外線から徹底的に守る紫外線カットの必要性と日焼け止めの選び方・メイクテクニック
  • ③内側から健やかな肌をつくる…摂るべき栄養素と美肌成分・サプリ・第3類医薬品

また、セルフケアではなく美容皮膚科を受診するという選択肢についてもお伝えしました。

美容皮膚科での治療をする場合も、セルフケアは続けていくことが大切です。

潜伏している目で見えないシミの予防や今以上に増やさない方法としても役立つので、さっそく今から取り入れてくださいね。

 

The following two tabs change content below.
美容アドバイザー MANACHI

美容アドバイザー MANACHI

はじめまして!美容アドバイザーのMANACHIです。 『あなたのためのキレイをご提案』をコンセプトに、育児のかたわら有名なコスメからまだあまり知られていないもの、そして美容の基本などをお伝えしています。 美容学校やビューティーアドバイザ―としての学び・経歴を持ち、スキンケアやメイクアップを通し女性が美しく輝くことが大好きな一児のママです。 約10年にわたり積み重ねた経験と美容知識をもとに、みなさんの『なぜ?』を解決し、あなたの毎日が明るくなるよう『キレイ』の秘訣をお伝えしていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。