シミ消しクリームは市販で消えるのか!?

menu

シミ消しクリーム市販ランキング

シミ消し化粧品に配合のハイドロキノンの効果とは!?

シミ消し化粧品に配合のハイドロキノンの効果とは!?

『シミを消したい』という悩みに対応するいろいろな化粧品がありますがハイドロキノンという成分をご存知ですか?

どのようにシミに効果的なのか気になりますよね!ここでは、シミ消し化粧品に配合されているというハイドロキノンの効果について詳しくご紹介します!

 

気になるシミは簡単に消えないのが悩みの種ですよね。

色ムラのない肌色にあこがれますが、正直なところシミを消すというのはとても簡単なことではありません。

 

しかし、あきらめるのはまだ早いですよ!

シミを今よりも目立たなくしていくことは可能なんです。

シミ消し効果が高いとされる美白成分『ハイドロキノン』をシミ消しの選択肢のひとつとして知っておきましょう。

 

目次(目次を見る場合は表示をクリック!)

シミ消し化粧品に配合!美白成分『ハイドロキノン』とは

ハイドロキノン

『シミに効く!』とされる美白美容成分はどんどん進化しています。

もともと多くの人に知られてきたのがビタミンC。そして、『ビタミンCの何倍もの効果がある!』という新しい成分が次から次へと開発されています。

  • 『ハイドロキノンっては一体何なの?』
  • 『初めて聞いた!』

というあなたも、ハイドロキノンの美白パワーの強さから、副作用を起こす可能性もあるため、効果を最大限に生かすためにもハイドロキノンの特徴を知ることからはじめましょう。

 

ハイドロキノンの特徴

アメリカでメジャーな存在

ハイドロキノンはシミのもと・チロシナーゼ(メラニン合成酵素)のはたらきを弱め、メラニン色素を作る母親細胞・メラノサイトの活性化をブロックし、減少させます。

実はハイドロキノンは、アメリカでは、『シミの治療薬といばハイドロキノン』と言われるほどメジャーな存在。海外では昔からシミ対策の治療薬として活躍していました。

ではなぜ日本人の私たちには聞きなじみがないのでしょうか?

 

それはこのハイドロキノンがとても強力なパワーを持っているから。

その強力なパワーがゆえに、日本では2001年の薬事法改正でようやく導入されるようになりました。

ちなみにこの薬事法とは「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」で、私たちを守ってくれる取り決めのこと。薬事法が改められてからまだ年月が浅いため、日本では知らない人もいるのですね。

 

ハイドロキノンは天然の成分

ハイドロキノンとは、植物から抽出されるアルブチンの一種で、次のようなものに含まれています。

  • 麦芽
  • 紅茶
  • コーヒー
  • いちご
  • ブルーベリー

シミの治療薬であるハイドロキノンは実は身近な存在なんです。

 

ハイドロキノンの3つのはたらき

シミ消し化粧品に配合のハイドロキノンの効果とは!?

①アルブチンの100倍の美白力

日本では2001年にようやく導入されるようになったハイドロキノンですが、なぜそれほどまでに慎重な検討をされていたのでしょうか。

それは、還元作用という働きでゴムの酸化防止剤として利用されたのがもともとのはじまりだったということと関係するとされています。写真の現像にも使用され、その人の手が白いことから発見されました。

その強力さがどれほどのものなのかというと、美肌やシミの予防対策として一番有名な『ビタミンC』がありますが、ハイドロキノンはビタミンCの10倍の効力を持つのです。

そしてさらに近年美白の有効成分として活躍を続けるアルブチンの約100倍とも言われるほどですからこれはもうすごいわけです。

ハイドロキノンはその名も別名『肌の漂白剤』と呼ばれるほどの強力なパワーを秘めていたということなんです。

★ビタミンCの10倍!アルブチンの100倍!別名・肌の漂白剤!

 

②ハイドロキノンは酸化を防止する

酸化を抑えてくれる働きがあるのです!酸化とはサビのこととも言い換えられます。

例えば学校の校庭にある真新しい鉄棒と古くからある鉄棒を比べてみると、色も輝きも違うのを想像してみてください。古くからあるものは長年外で過ごし、輝きを無くし茶色くサビついてしまっていますよね。

このような変化が人の肌でも同じように起きていて、これは活性酸素の影響により呼吸の際に体内に取り込んだ酸素の一部が変化して有害物質となり発生したもの。

 

活性酸素の原因はほかにも次のようなものがあります。

  • 紫外線
  • ストレス
  • 炎症反応
  • 排気ガス
  • 添加物を含む食品
  • 喫煙

活性酸素が発生すると、それがタンパク質や肌細胞を壊してしまうためそれを防ぎたいですが、活性酸素が発生する原因をご覧いただいた通り人間の生活に密接してる存在なので、生きているだけで酸化は起きてしまうもの。

そんな肌のサビを防ぐため、ハイドロキノンにはアンチエイジング効果も期待できるのです!

★ハイドロキノンは生きているだけで起こる酸化をストップ!

 

③還元作用でメラニン色素を薄くする

メラノサイトにはチロシナーゼのエサになるチロシンが存在。メラニンを生成させる酵素であるチロジナーゼがメラニン生成をします。

通常は、肌の生まれ変わるターンオーバーによって排出されるメラニンが過剰に生成され蓄積するとシミとして定着するので、そうなる前の段階でブロックしておく必要があります。

ハイドロキノンはメラニン色素を作るメラノサイトに対して毒性を持ちます。そしてチロシナーゼのはたらきをブロック。

さらに、直接メラニンにはたらきかけることで淡色化する還元作用により紫外線などで酸化し濃くなるメラニン色素を薄くします。

つまり、シミを今よりも増やさないようにすることと、今あるシミにも働きかける両方があるということなんです。ハイドロキノンは、皮膚の表皮に働きかけるものですので、これは肌内部の「真皮」の色素沈着以外のものを指します。

★ハイドロキノンは今あるシミにも効果的!

 

ハイドロキノンが効果を発揮するシミと発揮しないシミ

シミの種類 特徴 ハイドロキノンの効果
老人性色素斑(一般的なシミ) 紫外線による数ミリ程度のもの
炎症後色素沈着 ニキビ跡やレーザー治療の炎症が色素沈着したもの
肝斑 30代以上の女性の両頬などにぼんやりとできたもの
雀卵斑(そばかす) 子供の頃からある数ミリ以下の鼻を中心に広がっているもの

シミと言ってもいくつかの種類がありますので、ハイドロキノンが効果を発揮するシミの種類を上の一覧表にまとめました。

またそのほかのタイプである以下の2つと黒いほくろは表皮のシミではないので対象外です。

その他 特徴 ハイドロキノンの効果
老人性ゆうぜい 加齢に伴い現れるイボで茶色からこげ茶色をし盛り上がっている ×
太田母斑(青あざ) 頬や目の周りなどに乳児の頃からあるもの ×

 

ハイドロキノンの3つの注意点

美白に効き目があると言われるハイドロキノンですが、正しい使用法を守ることで正しい効果を引き出します。

使用方法・肌との相性・ハイドロキノンの濃度によっては、副作用がある可能性があることも知っておく必要があります。

高濃度のハイドロキノンを使用し、シミが薄くなったと感じたら一旦使用を休むなど、長期的に使い続けることは避けるようにしてくださいね。

 

注意点①赤み・かゆみなどの炎症

ハイドロキノンはデリケートで安定性が弱いため酸化しやすく、これが刺激となったりダメージになることがあります。

また、酸化してしまうと成分が変化して、ベンゾキノンという成分が出てくることがあるからです。

使用期限が過ぎた場合や、保存状態によっては茶色っぽく変色してしまう場合がありますので、そういったときは使用をやめましょう。

ハイドロキノンという成分が全ての人の肌に合うわけではありません。敏感な方はパッチテストをおこないましょう。

 

注意点②ハイドロキノンの濃度

ハイドロキノンの濃度についてしっかり覚えておいてください。

日本で厚生労働省より許可が出ているのは2%までで、それ以上になると医師に処方してもらう必要があります。

5%の濃度のハイドロキノンはヨーロッパの一部の国で使用禁止に指定されているため、病院によっては処方していないところもあるそうですが、白斑の事実はありません。しかし必ず医師の指示の下使用するようにしましょう。

化粧品に含まれるハイドロキノンは濃度を低くしているので、こちらも白斑の報告はこれまでありません。

 

注意点③日焼け止めを使用

ハイドロキノンは紫外線に弱いので、ハイドロキノンの使用中は必ず日焼け止めをしっかりと塗ることを覚えておいてください。

ハイドロキノンを含む化粧品には、夜のみの使用を指定されているものもありますがそれは、朝使用し日中紫外線を浴びると、逆に色素沈着を引き起こしてしまうとも考えられるためです。

ですから日焼け止めは欠かさずに塗りましょう。

使用法にはちゃんとした根拠と理論が存在するので、信じて正しくお手入れをすることをしっかりと覚えておいてくださいね。

 

ハイドロキノンは副作用の報告なし

シミ消し化粧品に配合のハイドロキノンの効果とは!?

ハイドロキノンと同じくシミのもと・メラニンの働きを抑える働きがあると言われているものが、日本にも存在していましたが、色素細胞へとても強力に働きかけ、そこに毒性までも協力であることが発見されました。

長期間の使用で不可逆性の白斑になってしまうというこの成分をハイドロキノンモノベンジルエーテルと言います。

世界的に有名なマイケル・ジャクソンさんは、肌や美への追求心が飛び抜けていたことでも知られています。マイケル・ジャクソンさんが尋常性白斑の治療に使ったとも言われているのがハイドロキノンモノベンジルエーテルだったのです。

このハイドロキノンモノベンジルエーテルの危険性によって、化粧品への配合が禁止となる規制がされ、構造が似ているとされたハイドロキノンも規制に加わりました。

事実、人の肌へのハイドロキノンによる白斑の副作用は報告されていません。

 

ハイドロキノンはアトピーでも使用できる

ハイドロキノンは美白効果が強いため、アトピー性皮膚炎では使用ができないのかと心配になりますが、使用可能です。

ハイドロキノンは炎症を抑える効果もあるのでアトピー性皮膚炎にも効果があります。

 

ハイドロキノン配合おすすめシミ消し化粧品

ハイドキノンが配合されたシミ消し化粧品のおすすめクリームを2種類ご紹介します!

 

ビーグレン QuSome ホワイトクリーム1.9

ビーグレンホワイトクリーム1.9

ビーグレンのホワイトクリーム1.9は、ハイドロキノンの濃度が化粧品の最大値である2%に近い配合量。

濃度の代わりに、安全性と浸透力を高めているところが特徴です。

美白成分を長時間かけてじっくりととどまらせることで効果を持続させます。

★価格:6480円(税込)15g/約1ヶ月分
 ビーグレンホワイトケアセット ★お試し用 ホワイトケアトライアルセット:1944円(税込)

  • クレイウォッシュ (15g)
  • QuSomeローション (20mL)
  • Cセラム (5mL)
  • QuSomeホワイトクリーム1.9 (5g) 
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム (7g)
ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9の口コミ
29歳・オイリー肌さん

クリームだけど美容液みたいにやわらかくてなじませやすくて、後肌がなめらかになります!

 

34歳・敏感肌さん

お試し用でまずは試しました。肌荒れしていたけどしみませんでした!浸透が早くて嫌なべたつき感がなかったのも気に入ったので、本体を購入して使っています。

 

47歳・普通肌さん

これをつけていると翌朝の肌の明るさが違いますね。シミが薄くなるだけじゃなくてくすみまでなくなって優秀だと思います。

 

アンプルール コンセントレートHQ

アンプルール コンセントレートHQ

アンプルールのハイドロキノンは新安定型と言って、マイクロカプセルで守られ角層内で少しずつ放出されるため、睡眠中に時間差で美白効果を届け続けます。

肌への刺激を抑え、そして不安定なハイドロキノンを安定させる特徴があります。

★価格:10800円(税込)
 アンプルールとビーグレンを元美容部員が徹底的に比較してみた! ★お試し用 ラグジュアリーホワイト トライアルキット 1890円(税込)

  • コンセントレートHQ110(3mL)
  • ローションAO II(20mL)
  • 薬用アクティブフォーミュラ II(8mL)
  • エマルジョンゲルEX(10g)
  • クレンジングミルクN(2包)
  • ウォッシングフォームN(2包)
アンプルール コンセントレートHQ
30歳・敏感肌さん

トライアルで使ってよかったので続けて購入してます。シミとニキビ跡があって、ニキビ跡からどんどん目立ちにくくなってます。

 

26歳・混合肌さん

シミひとつに米粒大の量を塗るのでけっこうコスパはいいですよ。全体的になじませるとキメが均一にそろって肌が綺麗になりました。

 

33歳・乾燥肌さん

妊娠中にできた両頬のシミの輪郭がぼやけました!薄めだったシミはより薄くなって、メイクで隠せるようになりました。使い続けて肌アレすることもなく、私の思っていたシミを薄くするという目標は達成できました。仕上げに保湿クリームを塗るとより良い感じです。

 

皮膚科のハイドロキノンクリーム

ハイドロキノンは化粧品に配合されているもののほか、皮膚科で処方してもらうことができます。

皮膚科と言うとクリニックでいいのか、違いがよくわからないと迷ってしまうことがあると思いますので下の表で確認しておきましょう。

目的 治療例
皮膚科 治療 アトピー・湿疹・ケガ・水虫
美容皮膚科 美肌 ニキビ跡の色素沈着・ほくろ・イボ(保険診療の範囲外のケア)
美容外科 美容外科手術 二重埋没手術・脂肪吸引・豊胸手術(またはメスを使用しないアンチエイジングケア)

 

皮膚科のハイドロキノンの保険適用はナシ

シミの治療のひとつに皮膚科を受信してハイドロキノンやトレチノインといった塗り薬の処方をしてもらうことができます。

これは目的として美容が主とされるため、保険診療外です。

 

皮膚科のハイドロキノンの価格

濃度 価格例(円)
3% 10g 1300
4% 10g 1500
5% 3g 1200
5g 1700・2000・2600・3000
10g 1300・4000

皮膚科で処方されるハイドロキノンクリームの価格がいくらなのかいくつかの皮膚科の価格を見てみると、濃度5%~10%で5gで販売しているところがもっとも多く、3000円程度で処方されています。成分は皮膚科・クリニック・美容皮膚科でほぼ同じです。

また、ハイドロキノンとトレチノイン酸を併用するとより効果的なので、使用されることがあります。

 

トレチノインとの併用治療

トレチノインとはビタミンA誘導体(レチノール)のことで、ビタミンAの約50倍のパワーがあります。

トレチノインはターンオーバーを促進する作用があるためメラニン色素を排出させることができます。

これはハイドロキノンなどの外用剤の浸透パワーを高めることができ、シミ・小じわ等紫外線のダメージによるエイジングのケアとして効果的です。

 

トレチノインの注意点

トレチノインは妊娠中・妊娠予定の方には使用できません。

トレチノイン併用治療を始めるとその箇所にだんだんと赤みが増していきます。

これは反応期と言って、赤くなり角質がぽろぽろと取れていく状態です。これはかぶれではなくトレチノインの角質を取る効果が出ている証拠です。

 

トレチノインの価格例

濃度 価格例(円)
0.025% 5g 2000・3000・3500
0.050% 5g 1700・3000・4500
0.075% 5g 5000
0.1% 5g 6000
0.2% 10g 10000

トレチノインは配合濃度の種類が5種類程度ありますが、その多くは0.025%や0.05%が5gで3000円程度です。

このほかに診察料が必要です。

診察料例:美容初診2000円/再診500円

 

ハイドロキノン・トレチノイン治療期間

皮膚科で処方されるハイドロキノンは濃度が高いため、2~3カ月で治療を終えることを目安としているところが多いですが、治療のゴールはどこが終了というのは正確には人それぞれで、医師と相談をしあなたに合った治療期間を決めましょう。

始めの1~2週間は薬に慣れていくまでの期間で、2週間に1回医師の診察を受けながら経過を見ていきます。

トレチノインとハイドロキノンを併用していてヒリヒリとし見る場合がありますが、刺激を強く感じる時はトレチノインの使用を休みます。これはトレチノインが角質を取る作用があるためで、ハイドロキノンの使用は続けます。

★漂白する治療期間 ⇒ 2~6週間
★炎症をさます期間 ⇒ 2~6週間

 

ハイドロキノンの効果が出るまでの期間

『よし!これで明日から白い肌だ!』と喜びたいところですが、残念ながらそんなわけはないのです。

その理由は、肌には28日周期のターンオーバーという代謝のリズムが関係しているから。肌内部で新しい細胞が生まれそこから肌表面へと移行し、一番外側まできたら垢となってはがれ落ちる・・・ということを28日間かけてずっと繰り返しています。

このターンオーバーがありますから、使用を始めて2~3ヶ月で効果を感じ始め、半年までの間に効果が出たということが多いです。2~3週間で効果を感じた方もまれにいるようですが、一般的には8週間前後で効果があらわれてきます。

急激な白さは自然ではないですから、毎日のお手入れの際に気になる部分に使用することを続け、安心の速度で少しずつ肌の変化を確認しながら使っていくものだと考えておきましょう。

★ハイドロキノンは8週間程度で効果があらわれ始める!

 

ハイドロキノン・トレチノインの保管方法

皮膚科のトレイノイン・ハイドロキノンともに不安定になりやすい性質があるため冷蔵庫で保管し2ヵ月程度で使い切りましょう。

化粧品のハイドロキノンは室温で大丈夫ですが、直射日光の当たらないところで保存してくださいね。

 

シミ消し化粧品に配合のハイドロキノンのまとめ

ハイドロキノンの表皮へのシミへの効き目をわかっていただけたでしょうか。

『シミを消したい!』と思っている方は参考にしてくださいね!

皮膚科の濃度の高い医薬品でも2~3カ月かけて様子を見るということですから、シミ消し化粧品を使用する際にも焦るのではなく楽しみの一つとして正しい使用方法で毎日続ける気持ちが何より素敵な心がけです。

 

The following two tabs change content below.
美容アドバイザー MANACHI

美容アドバイザー MANACHI

はじめまして!美容アドバイザーのMANACHIです。 『あなたのためのキレイをご提案』をコンセプトに、育児のかたわら有名なコスメからまだあまり知られていないもの、そして美容の基本などをお伝えしています。 美容学校やビューティーアドバイザ―としての学び・経歴を持ち、スキンケアやメイクアップを通し女性が美しく輝くことが大好きな一児のママです。 約10年にわたり積み重ねた経験と美容知識をもとに、みなさんの『なぜ?』を解決し、あなたの毎日が明るくなるよう『キレイ』の秘訣をお伝えしていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。