シミ消しクリームは市販で消えるのか!?

menu

シミ消しクリーム市販ランキング

セルピュアのシミ消し効果はあるの?

セルピュアのシミ消し効果はあるの?

年齢肌の悩みのひとつであるシミにも効果があると評判のセルピュアですが、シミ消し効果は本当にあるのか疑問に思っている方もいるでしょう。

ここではセルピュアが効果にとことんこだわっているという事実や、よりシミ消し効果を引き出すために重要な情報をお伝えしています。

 

今なら公式サイトでお得にGETできる!!

 

セルピュアのシミ消し効果は本当にあった!?

セルピュアは皮膚科医三浦麻由佳氏が監修したスキンケアです。

セルピュアにはクレンジング・洗顔・化粧水・美容液・クリーム・日焼け止めやパウダーという基礎化粧品がそろっています。

 

その中で最もシミ消しに高い効果が凝縮され高評価を得ているのが、部分用集中美白クリーム『ブライトニングクリスタル』です。

これは三浦氏がクリニックでシミ治療として使用するハイドロキノンの効果を自宅でも最大限に効果を実感できるように考えられてできたクリームなのです。

 

実際に使用した方の口コミでの評価も高くその美白効果を実感している女性の声が集まっています。

 

このセルピュアの美白のメインとなる成分は純ハイドロキノンでその効果は美白好きなら、一度は目や耳にした方がいるのではないでしょうか。

 

そんな、美白好きにはたまらないハイドロキノンをなんと5%も高濃度配合していることでセルピュアブライトニングクリスタルは多くの人気女性雑誌に掲載され注目を集めてきました。

 

そのハイドロキノン配合量の高さから、特に40代からの定着しつつあるシミや濃くなってしまったシミに効果的です。

  • 『今まではハイドロキノン2%配合のものを使っていたけどより効果を高めたい』
  • 『レーザー治療も検討したけれどスキンケアで続けてできる範囲で高い効果を求めている』

といった考えがある大人の女性の切実な願いであるシミケアができるのです。

 

この効果は、

  • シミ
  • そばかす
  • 炎症後色素沈着
  • 肝斑

に使用できますが、目の周りは避けて使用するようにしましょう。

セルピュアブライトニングクリスタルは濃くなったシミ・そばかすに効果的なハイドロキノン濃度であり、特に濃くなったシミに使用するのがおすすめなので、目の周りというデリケートで刺激を受けやすい部分を避けて使用する必要があります。

 

『え、じゃあ私はシミも小じわのケアもしたいんだけど使えないの?』

そんなふうに不安になった方もご安心ください。

 

セルピュアには小じわやくすみ、ピンとしたハリアップ効果を期待するのであれば、その効果が配合されている『ホワイトクリーム』という美白クリームもありこちらも人気です。

こちらは目元・口元のエイジングケアやハリ・弾力・透明感をあたえる高保湿のお顔全体使用のクリームです。

シミを防いでワントーン明るい肌にすることで定評のあるアルブチンを配合しています。

 

セルピュアのシミ消し効果を確実に実感するために

セルピュアのシミ消し効果はあるの?

セルピュアで最も美白効果があるブライトニングクリスタルですが、『効果を感じた』という方がいるいいっぽう、『効果が感じられない』という意見があることがあります。

セルピュアの効果を引き出すために、大事なことや注意点があるのでお伝えします。

ホワイトクリームについても触れていきますのでご確認くださいね。

 

まず基本の使用順序を守ってまずは肌のうるおいを高めておく必要があります。

これは、特にセルピュアブライトニングクリスタルの主要成分であるハイドロキノンの成分の特性を考え、夜のみの使用を必ず守って、いつも使っている化粧水や美容液、クリームなどをひととおり終えて最後にシミの気になる部分に指でなじませつことでシミを集中美白する効果を引き出します。

 

セルピュアホワイトクリームと一緒にご使用の場合は、ホワイトクリームのあとに夜はブライトニングクリスタルをつけるという順番になります。

 

 

この高濃度なハイドロキノン配合の美白効果により、赤みを伴うことがありますが性質上ありえる反応です。

ただし次のような症状の場合は使用を中止する必要があります。

  • 赤みがひかない
  • かゆみがある
  • 痛みがある(ヒリヒリ・ピリピリする)
  • かさつき(カサカサ感がひかない・つっぱる)
  • 表皮がはがれる
  • アレルギー反応

 

参考にしてくださいね。

 

敏感肌や季節の変わり目の注意点

純ハイドロキノンの効果を問題なく感じるためには、肌トラブルを起こしやすい時期やきっかけを避けて使用することも考えておかなくてはいけないので確認しておきましょう。

  • もともと敏感肌など刺激に弱い肌質
  • ニキビ、アトピーによる肌荒れを起こしている(または起こしやすい)
  • 生理前など女性ホルモンバランスが乱れている時期
  • 季節の変わり目、花粉、黄砂などの大気汚染
  • 刺激物の摂りすぎや飲酒過多など栄養の偏り、睡眠不足、疲労や喫煙など生活習慣の乱れ
  • 間違った使い方、使用期限が過ぎていたり保存状態が悪い

 

肌が敏感な方や今は治まっていてもアトピーやニキビにより肌荒れを起こしたことがある方はパッチテストをするなど慎重に使用してください。

まずはじめにパッチテストとして上腕の内側につけて24時間放置してから、赤みや湿疹などがないか確認をするようにします。

 

肌の状態が乱れやすい生理前は新しい化粧品への切り替えや、特に高濃度ハイドロキノンのような美白を使用開始するのは避け、肌状態とともに体調も良好な時が最も効果を感じられるためおすすめです。

また季節の変わり目は温度差や湿度差が激しく肌が不安定になりやすく、さらに花粉症や大気汚染は肌荒れを引き起こすことにもつながるため、そういった場合は効果が発揮されにくくなります。

このよう場合にはブライトニングクリスタルよりホワイトクリームにしておくとより安心です。

 

ただいくらスキンケアに投資をしても、健康的な生活や身体づくりを怠っていたとすれば、それは残念ながら効果が出ないと言えるでしょう。

なので食事は栄養バランスを考え、出来る限り睡眠時間の確保につとめてほしいと思います。

 

そして、多くの高濃度ハイドロキノン配合クリームの場合開封後1ヶ月の使用期限や冷蔵庫保管であるのに対しセルピュアブライトニングクリスタルは高濃度のハイドロキノン配合でありながら使用期限が開封後3ヶ月となっていて、冷蔵庫での保管も不要です。

ただし直射日光や高温多湿を避けて保管し3カ月以内に使い切ってください。

ハイドロキノンは酸化しやすく、保管状態が悪いと変色してしまい成分も安定しにくくなってしまい、それでは効果が出なくなってしまいます。

 

 

セルピュアブライトニングクリスタル使用期間中は日焼け止めを必ずつけて、SPFの数値は20以上、化粧崩れなどをする可能性があるならこまめにつけ足したり塗りなおしてください。

これはハイドロキノンの特性により、紫外線を浴びることによる副作用を防ぐためです。

 

加えて妊娠中の方はホルモンバランスが乱れやすくなっていますのでブライトニングクリスタルの使用をしないようにしてください。

いっぽうホワイトクリームは妊娠中の使用も可能で、無香料ですのでその点も安心ですね。

 

このような注意点に気を付けて正しく使用していると効果が期待できます。

 

セルピュアはこんな方におすすめ

セルピュアは皮膚科医監修スキンケアですので安心して使用することができますね。

 

セルピュアブライトニングクリスタルは、

  • シミ・そばかすが濃くなった
  • ハイドロキノンを高濃度で配合していて安全性が高いものを使いたい
  • ピンポイントでこびりついたシミを何とかしたい

といった方におすすめです。

 

セルピュアホワイトクリームは、

  • 乾燥ジワや小じわが目立つようになった
  • くすみ・たるみのないふっくらハリと透明感のある肌にしたい
  • 目元や口元に年齢を感じる
  • 敏感肌でも使える美白クリームが欲しい

という方におすすめです。

 

今なら公式サイトでお得にGETできる!!

 

最後に・・・

セルピュアの効果を実感したという声が多いブライトニングクリスタルとホワイトクリームについてもお伝えしました。

 

ブライトニングクリスタルはまずは3カ月間しっかりと使用し様子を見るようにするといいでしょう。

ホワイトクリームはお試しキットの中に含まれているのでまずは試してみてくださいね。

 

The following two tabs change content below.
美容アドバイザー MANACHI

美容アドバイザー MANACHI

はじめまして!美容アドバイザーのMANACHIです。 『あなたのためのキレイをご提案』をコンセプトに、育児のかたわら有名なコスメからまだあまり知られていないもの、そして美容の基本などをお伝えしています。 美容学校やビューティーアドバイザ―としての学び・経歴を持ち、スキンケアやメイクアップを通し女性が美しく輝くことが大好きな一児のママです。 約10年にわたり積み重ねた経験と美容知識をもとに、みなさんの『なぜ?』を解決し、あなたの毎日が明るくなるよう『キレイ』の秘訣をお伝えしていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。