シミ消しクリームは市販で消えるのか!?

menu

シミ消しクリーム市販ランキング

誰もが羨む赤ちゃん肌になる方法が実は〇〇だった・・・

誰もが羨む赤ちゃん肌になる方法が実は〇〇だった・・・

誰もが羨む赤ちゃん肌。

そんな肌に導くためにどうすればいいのか、何を使えばいいのか知っていますか?

赤ちゃん肌になる方法とは実は〇〇だったのです。その事実とはいったい…!?

ここではそんな疑問や悩みを解決しあなたの肌を赤ちゃん肌にする方法を詳しくまとめています。

 

『同じ歳なのになんであの人はずっときれいなの?』

そんなふうに思ったことはありませんか?

 

いつもきれいな人というのはやっぱり肌が違いますよね。

『自分もあんな肌になりたい!』

 

そんなあなたへ美肌を手に入れる方法をご紹介します。

 

そして、赤ちゃん肌になるにはあることをすればいいということがわかりますので、ぜひ最後まで目を通して参考にしてください。

 

目次(目次を見る場合は表示をクリック!)

目指せ赤ちゃん肌!スキンケア編

赤ちゃん肌を手に入れるには、スキンケアが必要不可欠です。

ここでは具体的に何がどのような働きをもつのかという理解を深めていきましょう。

まずは、そもそも肌が美しく見えるのはどのような状態であるのかを確認していきます。

 

そもそも美しい肌とは

『あの人肌の肌きれいだね』そんなふうに思うことがありますが、そういう時いったいどんな要素がそう思わせるのでしょうか。

美しい肌を実感する要素を見ていきましょう。

 

たっぷりとうるおいがある

  • 水分・油分のバランスが良く角層に水分がたっぷりとキープされている
  • 見た目にはキメがきれいにそろっているのを感じ、触れるとやわらかくもっちりとしている

 

透明感としなやかさがある

  • ターンオーバー(肌の生まれ変わり)のリズムが順調で、メラニンや古い角層がきちんと代謝され血液循環も整っている
  • 見た目にはくすみを感じず透明感があって明るさを感じられ、触れるとごわつきがなくしなやかさがある

 

ハリ弾力

  • 肌を支える内部の働きが良好な状態
  • 見た目にはピンとしたハリがあり乾燥ジワ・小じわ・たるみがなく触れると押し返すような弾力を感じる

 

美肌の見た目は角層がにぎる?

誰もが羨む赤ちゃん肌になる方法が実は〇〇だった・・・

見た目に肌がきれいかどうかをどこで判断しているかと言うと、もちろん目で見える部分、つまり肌の一番外側である角層が担っていると言えます。

 

角層とは

角層は肌の一番外側のにあり、肌内部を守るためのバリア機能保湿機能といった非常に大切な役割をしています。

角層は常に外部にさらされ紫外線・乾燥ダメージを受けていることになります。

またストレスホルモンバランス年齢といった内側からの影響も受けているため、バリア機能・保湿機能の働きが低下してしまうと、肌荒れや肌悩みが引き起こされることにつながります。

 

角層を育むには?

角層が健やかな肌は、透明感やしなやかさがあります。

このような角層の機能を守って育むには次のような必須アイテムがあります。

 

化粧水

角層にうるおいを与えることで表情ジワのもととならないようピンっと整えます。

 

乳液

水分の蒸発を防ぎ細胞間脂質を整え表情ジワのもととならないように整えます。

 

そのほかにも肌の不要物を毎日取り去っていることが重要です。

 

不要なものがない状態にするには?

美肌を手に入れるためにまず大切なことは、不要なものを残さないことです。

そのための基本をお伝えします。

 

肌は、

  • 皮脂
  • 老廃物
  • 時間が経過したメイク
  • ほこり
  • 最近大気汚染などの化学物質

といった汚れがつき、そのままでは毛穴の黒ずみやニキビ、また肌がざらつくといった肌トラブルの原因になります。

 

取り除くスキンケア

肌の汚れを取り除くことはつまり美肌の土台を築くということです。

その日の汚れはその日のうちにきちんと洗い流し素肌に戻し、化粧水の浸透を高めておく必要があります。

その為に必要なアイテムは次のようなものです。

 

クレンジング

メイクを落とすものでクリームタイプ、ジェルやオイル、ローションタイプなどがあります。

 

洗顔フォーム

素肌の汚れを落とすもので、せっけんやパウダーなどもあります。

 

そして常に良い状態でいるためにさまざまな刺激から肌を守ることが大切です。

 

外的環境から刺激を受けない状態にするには?

私たちの肌は常に外部にさらされているため、いつでもダメージと隣り合わせです。

  • 紫外線
  • 酸化
  • 季節やエアコンによる乾燥

 

外部環境から守るスキンケア
日中用保湿液

日中の紫外線によるダメージや乾燥によるダメージから守るためにうるおいが逃げないようにしっかりとキープしてダメージを受けにくいように予防しましょう。

以下のような種類があります。

  • 美容液
  • 乳液
  • ゲル

 

日焼け止め

シミそばかすだけでなく、しわや乾燥を防ぐために紫外線は一年中予防しておくことも基本だと覚えていてください。

春や夏だけでなく冬も使用しましょう。

  • レジャー用日焼け止め
  • 日常用日焼け止め(SPF10~20/PA++程度)
  • 日焼け止め効果入りの下地(SPF20~50+/PA++~++++程度)

このようなアイテムがあります。

 

目指せ赤ちゃん肌!肌悩みの原因と対策編

ではここからは赤ちゃん肌を目指す方がよく直面する肌悩みとその原因・対策をご紹介します。

これは大きく3つの悩みがありますのでひとつずつ解説します。

 

乾燥ジワ・かさつき

原因

  • 気温や湿度の低下
  • 紫外線のダメージ
  • 体調不良やストレス
  • 年齢を重ねたこと

 

特徴

  • 肌がつっぱる
  • 肌の表面がかさつく
  • うるおいがなくひどくなると粉をふいたようになる
  • 繰り返す乾燥により表情の動きに沿って浅く細かいしわができる
  • 特に冬に引き起こる

 

対策①おすすめのお手入れ

化粧水や乳液、ゲルに加え美容液を朝と夜毎日たっぷり使用ししっかりと潤わせておくことが大事です。

また、乾燥が特に気になる目元や口元を中心にクリームを使用しバリア機能を高め乾燥ジワを予防しましょう。

 

対策②内側からのケア

バリア機能低下やストレスなどで起こる乾燥、また角層の重層化を防ぐ栄養素を摂りましょう。

そのために次のようなものがあります。

 

セラミド

バリア機能をキープさせる

 

食品
  • ブロッコリー
  • 小麦胚芽
  • こんにゃく芋ひじき
  • ごぼう
  • 黒豆
  • 黒コショウ

 

ビタミンB1・B6・B12・ビタミンC

ストレスから守る

 

食品
  • ブロッコリー
  • かぼちゃ
  • トウモロコシ
  • さつまいも
  • レバー
  • 魚類
  • 豚肉
  • ささみ
  • 柑橘類

ただし妊娠初期はレバーの摂取はひかえましょう。

 

ビタミンA・β‐カロテン

ターンオーバーを整える

 

食品
  • にんじん
  • 小松菜
  • ほうれん草
  • 春菊
  • かぼちゃ
  • うなぎ

 

またローヤルゼリーは自律神経のバランスをとるとされているためこちらもおすすめです。

 

毛穴の目立ち

誰もが羨む赤ちゃん肌になる方法が実は〇〇だった・・・

原因

  • 過剰な皮脂
  • 糖分・脂肪分・アルコールの取りすぎ
  • ニキビ・吹き出物の跡

 

特徴

  • 額・鼻を中心に毛穴が目立ち、両ほおに目立つこともある
  • テカリやすくべたつきもあり皮脂が多い
  • 毛穴づまりがあり黒く目立つ
  • 特に夏に悪化しやすい
  • ざらつきがある

 

対策①おすすめのスキンケア

日中のべたつきをおさえるため化粧水やゲルなどでしっかりとうるおいを与えることが大事です。

またオイルコントロールこうかのある化粧下地やさっぱりタイプのリキッドファンデまたはパウダーファンデで化粧くずれをぼうししましょう。

クレンジング・洗顔の際に、小鼻やTゾーンはくるくると円を描くようにしてください。

 

対策②内側からのケア

糖質の代謝に必要である食品や過剰に皮脂が出るのを防ぐ効果のある栄養素を意識して摂ってください。

また、サプリメントではローヤルゼリーもおすすめです。

 

ビタミンB1

糖質の代謝に関りがある

 

食品
  • ナッツ類
  • たらこ
  • 豚肉
  • 玄米
  • 枝豆

 

ビタミンA・βカロテン

ターンオーバーのリズムを整える

 

食品
  • モロヘイヤ
  • にんじん
  • かぼちゃ
  • チンゲン菜
  • うなぎ

 

ローヤルゼリー・ビタミンB2・B6

皮脂分泌のバランスを整える

 

食品
  • かつお
  • まぐろ
  • さんま
  • レバー
  • バナナ
  • うなぎ

日頃からケアをしておかないと過剰な皮脂は毛穴を広げてしまいます。

 

ハリ感のなさ

原因

  • 紫外線
  • たんぱく質の不足
  • 年齢
  • 女性ホルモン
  • 筋肉の低下
  • 乾燥

 

特徴

  • 目じりや口元、額に深い溝が見られるようになった
  • 目元や口元、ほおにハリ感を感じられなくなった
  • フェイスラインがハッキリとしにくくなりたるみがある

 

対策①おすすめのスキンケア

化粧水乳液などに加えハリ・弾力を与えるクリームを使用しましょう。

またマッサージクリームでマッサージを行うこともおすすめです。

しわは表情に沿って深くなるので、眉間にしわを寄せるような眼を細める動きには注意しましょう。

 

対策②内側からのケア

保湿力をアップさせるヒアルロン酸を摂るのも良いとされています。

またたんぱく質で肌細胞の代謝を高め、ハリをキープするコラーゲンが必要です。

 

ヒアルロン酸

保湿力をアップさせる

 

食品
  • ウナギ
  • 鶏の軟骨
  • 鶏の手羽
  • 牛すじ
  • 山芋
  • 納豆

 

コラーゲン

肌のハリをキープ

 

食品
  • 鶏の手羽
  • 鶏の軟骨
  • 鶏の皮
  • 牛すじ
  • 豚バラ肉
  • 魚の皮

 

たんぱく質

肌細胞をつくる

 

食品
  • 豆腐
  • 大豆
  • ヨーグルト

 

コエンザイムQ10・アスタキサンチン・β‐カロテン・ビタミンC

抗酸化力をアップさせる

 

食品
  • ほうれん草
  • かぼちゃ
  • にんじん
  • いわし
  • エビ
  • いくら

 

大豆イソフラボン

ホルモンバランスを整える

 

食品
  • 大豆
  • 納豆
  • 豆腐

 

あなたは大丈夫?スキンケアの注意点

誰もが羨む赤ちゃん肌になる方法が実は〇〇だった・・・

いくらおすすめのアイテムを使っても、

  • 『イマイチ効き目がよくわからないんです』
  • 『効果が感じられなくて・・・』

このように相談を受けることがとても多いです。

 

その場合は次のような事を確認してみましょう。

  • 力加減・使い方はどうか
  • 使用量は正しいか
  • 肌悩みとマッチしているか

 

正しい使い方はできている?

よく、肌悩みがなかなか良くならないという方に、普段のお手入れアイテムをお聞きするのですが、どんなふうに使っているかを確認するようにしています。

なぜなら、正しい使い方が出来ている方がとても少ないからです。

具体的にどんなミスをしてしまいがちなのか確認しましょう。

 

クレンジング・洗顔

肌の汚れを取り去る大切な工程。

なので、『しっかり落とさなくちゃ!』と意気込む方が多いのですが、力を入れる必要はありません。

ゴシゴシこすれば汚れが取れるのかと言うとそうではなく、この行為では角層を痛めてしまいます。

 

肌にとって摩擦は大敵で、肌のダメージがキメの乱れを引き起こしうるおいが失われてしまいます。

ですので力を加えるのではなく手の重みで触れるぐらいのイメージでお手入れしてください。

 

また、長時間のクレンジング・洗顔は避けてください

これは汚れだけではなくうるおい成分まで取り去ってしまうリスクがあるためです。

 

クレンジングはオイルタイプなら30秒程度、クリームやミルク、ジェルタイプでも1分以内を目安にしましょう。

クレンジングはマッサージクリームではありませんので、数分間にわたるクレンジングをしてはいけません。

 

洗顔はしっかりと泡立てて、泡でお顔を包み込んだらそっとなじませてすぐに洗い流します。

このときも泡の弾力をクッションにしてゴシゴシしないようにしましょう。

 

洗顔も30秒から1分で済ませるようにしてください。

皮脂汚れたメイク汚れと言ってもこびりついているわけではありませんので優しくいたわることでキメが整います。

 

そして暑すぎるお湯や水ではなく肌に優しい体温と同じぐらいのぬるま湯(35度~39度まで)を使用するようにしましょう。

 

化粧水・乳液・ゲル・美容液・クリーム・

誰もが羨む赤ちゃん肌になる方法が実は〇〇だった・・・

こちらは各メーカーによって、手で使用するものとコットンで使用するものがありますので、必ず基本使用方法を確認してから使うようにしてください。

例えば『コットンにとって』や、『手のひらで』など、それぞれの配合成分の特徴をいかした感触や使用方法があるので最大限に効果を引き出すためには大事なことです。

 

洗顔後すぐ!が差をつける

また洗顔やお風呂上りのあとすぐにスキンケアを始めてください

『ゆっくり時間を取ろうと思って・・・』

というふうに考える方も多いのですが、時間をあけてしまうとそれだけでスキンケアの浸透が良くなくなってしまいます。

 

せっかくお風呂や洗顔で柔らかくなった肌なので、出来る限り早いことが良く、1分を過ぎるとどんどんうるおいが逃げていくとされているため注意してください。

 

使用量がわからない?

スキンケアの使用量もとっても大事なのですが、

  • 『あまり意識していなかった』
  • 『もったいないから3プッシュのところを1プッシュにしていた』

という方、実はとても多いですがあなたはどうでしょうか?

 

お薬の時は処方されたときや注意事項をよく読んで服用されると思いますが、おなじスキンケアでも基本使用量はきちんと守りましょう。

この基本使用量を使ってこそ、効果が発揮されるのです。

またこれは、サプリメントでも同じことが言えますので、美肌と健やかな肌作りのために気を付けてください。

 

肌悩みはなんですか?

あなたの肌悩みは何ですか?

そのためのスキンケアをおこなっていますか?

 

先ほどもお伝えしたように肌悩み別のおすすめのスキンケアや特に力を入れてほしいことが異なります。

 

よくあるミスとしては、乾燥が悩みなのに、毛穴の黒ずみを取り去るスッキリタイプのクレンジング・洗顔を使っていたりする方がいます。

 

また、『頬の毛穴が目立ってきたから洗顔をがんばっていたらより目立つようになってしまった‥』ということもよくあります。

同じ毛穴の目立ちと言っても、毛穴だるみが引き起こす頬の毛穴の目立ちには、いくら除去マスクなどを使ったりしても逆効果となります。

毛穴だるみにはしっかりと保湿して角層をうるおいで守り、ハリと弾力をアップさせる美容液などを使用するのがおすすめなのです。

 

まとめ

誰もが羨む赤ちゃん肌になる方法が実は〇〇だった・・・

赤ちゃん肌を手に入れるために必要なことをお伝えしました。

  • 汚れを取り去る
  • うるおいを育む
  • 刺激から守る

という基本のスキンケアをまずは毎日しっかりと続けましょう。

 

そして赤ちゃんのようなぷるぷるにうるおったハリと弾力、そして毛穴の目立たない肌を目指す方によくある肌悩みの原因・対策についてもご紹介しました。

 

さらにスキンケアを使用する際の注意点として、

  • 力加減
  • 使用量
  • 肌悩みに合っているか

ということも大事な基本なのでしっかりと確認してください。

 

赤ちゃん肌を目指すためにはこうした積み重ねが必要です。

こうすることで角層がうるおいでいっぱいになり、キメが整います。

 

つまり、赤ちゃん肌のために角層をどれだけケアできているかが分かれ道と言えるでしょう。

あなたはどれだけ角層をいたわっていますか?

ぜひ今回のアドバイスを取り入れてみてくださいね!

The following two tabs change content below.
美容アドバイザー MANACHI

美容アドバイザー MANACHI

はじめまして!美容アドバイザーのMANACHIです。 『あなたのためのキレイをご提案』をコンセプトに、育児のかたわら有名なコスメからまだあまり知られていないもの、そして美容の基本などをお伝えしています。 美容学校やビューティーアドバイザ―としての学び・経歴を持ち、スキンケアやメイクアップを通し女性が美しく輝くことが大好きな一児のママです。 約10年にわたり積み重ねた経験と美容知識をもとに、みなさんの『なぜ?』を解決し、あなたの毎日が明るくなるよう『キレイ』の秘訣をお伝えしていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。