シミ消しクリームは市販で消えるのか!?

menu

シミ消しクリーム市販ランキング

肌を綺麗にする方法

50代になると肌の変化とともに憂うつな気持ちになるといった心の変化も出てくることがあります。

これには原因や改善策はあるのか、綺麗でいるための方法も気になりますよね。

ここではそんな悩みの原因と対策を紹介します。50代の肌を綺麗にする方法を手に入れてください。

 

30代からどんどん見た目年齢に差が出てきますが、もうすぐ50代になる女優の石田ゆり子さんや『キセキのアラフィフ』と呼ばれるモデルの前田典子さんのような見た目年齢が若い方とそうではない方の違いは一体何なのでしょうか。

 

50代になると、

  • 『落ち込みやすくなった』
  • 『肌の不調にお手入れをあきらめてしまった』

このような気持ちになる方も多く、イライラしたり憂うつになったり、肌悩みや心の変化が多くなってきます。

それはなぜなのか、改善して『キセキのアラフィフ』を目指すにはどうすればよいのかについて、ここで解説していきます。

 

50代の肌悩みとは?

たとえ年齢が30代40代であっても、たくさんの肌悩みがありますが、さらに年齢を重ねた肌は、不足したコラーゲンエラスチンセラミドなどにより、肌は荒れやすい状態です。

50代の代表的な肌悩みは、

  • シミ
  • しわ
  • たるみ
  • 乾燥
  • かゆみ
  • 化粧くずれ

 

ほかにも、

  • ほてり
  • 急激な汗が止まらない
  • イライラ
  • 落ち込む
  • 憂うつになる

といった悩みも多くなってくるのが特徴です。

 

そしてこの年代の女性がこのような悩みに対し前向きに立ち向かう気持ちになれず、『鏡を見るのが嫌』ということをよく語っていらっしゃいます。

このような50代の方の肌悩みを改善するため、まずはその原因から究明していきましょう。

 

50代の肌悩みの原因な何?

こういった50代の女性の肌悩みとして一番大きいのはやはり、閉経にともなう女性ホルモンの減少です。

30代から少しずつ減り始めた女性ホルモンがここへきて急降下してしまいます。

 

そもそも女性ホルモンとは?

女性ホルモンとは、女性にとってなくてはならない存在で、

  • 身体
  • 精神

への影響力がとても強い物質を総称したものを指します。

なぜこれほどまでに影響の大きい存在なのか、それを解説するために、まずこの女性ホルモンが『エストロゲン』『プロゲステロン』の2種類があることからお伝えします。

 

『エストロゲン』

女性ホルモンの『エストロゲン』の働きとは、

  • 肌のうるおいをUP
  • ハリと弾力のUP
  • 透明感のUP

という美肌のために重要なホルモンです。子宮内膜を厚くし、卵子を育てるという女性の魅力の源を担っています。

 

『プロゲステロン』

続いて『プロゲステロン』の働きは、

  • 皮脂分泌の活性化
  • 新陳代謝を遅くする
  • 水分を溜める

といった働きがあり、ほかにも、卵胞の発育を抑えたり至急の内膜をより厚くする働きをしています。

 

女性ホルモンは美しさの支え

効果

その分泌にもリズムがあり、

  • 排卵前→エストロゲン(卵胞期)
  • 排卵後→プロゲステロン(排卵期・黄体期)

のように、2つのホルモンが1か月サイクルで脳から卵巣へと信号を受け、切り替わって働き月経のサイクルを起こします。

このサイクルはストレスによりバランスを乱すことがあります。

 

このサイクルを安定化させるために脳が卵巣へ指令を出せるかが大きな鍵をにぎります。

つまりサイクルが安定的に行われているとお肌にハリとツヤを与え弾力と潤い、透明感に満ちた肌へと導くことが可能ということです。

そして、妊娠・出産だけにとどまらず、太りにくい状態へと代謝力を高める働きもしています。

 

男性ホルモンとは違う

いっぽう男性ホルモンは一生の間の分泌量に変化はほとんどありません。高齢期になってから減少していきます。

女性ホルモンは、月経・妊娠以外に、

  • 自律神経を安定させる
  • 骨量を保つ
  • 記憶力を維持する

などという働きもする大切な存在です。

 

こういった理由からもわかるとおり、女性ホルモンは1週間、1か月の単位、年単位といったふうに、女性の一生の美しさや女性だけの働きを大きく左右する大変重要なものと言えるでしょう

このような重要な存在であった女性ホルモンが、50代からは大きく減少してしまうので、一気にさまざまな悩みをもたらします。

 

更年期

やがて月経を終える時がやってくるのですが、特に多いとされているのが50歳頃の閉経です。

この前後になると、先ほどお伝えしたような女性ホルモンの働きの低下により、更年期症状といった、身体と心の不調を起こします。

  • ほてり(ホットフラッシュ)
  • 汗(スウェッティング)
  • のぼせ

といった、急な発汗などもこの年代の女性の悩みです。よく50代前後の方で、止まらない大量の汗や化粧くずれに困っている方もたくさんいらっしゃいました。

 

生活環境

実はこの年代の方にとって、ホルモンバランスの乱れ以外にも、

  • 子供の独立
  • 夫の定年
  • 親の介護

といった寂しさやツライ出来事が立て続けに起こるために、50代女性をさらに悩ませる原因となっているのです。

このようなことをきっかけとした家庭や仕事での精神的ストレスはとても重くのしかかってきます。

 

また、30代とまだ早い年齢での更年期症状も、最近増えてきています。

このようなプレ更年期(若年性更年期障害)を含め、症状には個人差があり、あまり気にならない方もいれば、日常生活に支障が出る方もいます。

 

50代の肌悩み改善方法

改善方法

今まで使っていた化粧品では、

  • シミ
  • しわ
  • たるみ
  • 乾燥
  • かゆみ
  • 化粧くずれ

このような悩みが改善されないと感じているかもしれませんね。

 

それぞれたくさんの悩みがあると思いますし、『何か特別なことをしなければならないのでは?』といった不安もあると思いますが、まずはシンプルに、

  • 睡眠
  • 運動
  • 食事

こういった身体的な健康を維持し、ストレス発散、心の健康につなげるようにしていきましょう!

 

身体と心の健やかさ

また身体の健康と心の健康のために、必要なものを取り入れていきましょう。

これまでお伝えしたとおり、更年期に起こる肌アレは、女性ホルモンの働きの中でもエストロゲンの減少のペースが大きく関わります。

そして、人によって更年期症状の個人差があるのは、このエストロゲンが減っていくペースが人それぞれ違うからということに直結していると言えます。

 

また、悩みや症状が重く更年期障害の治療をされている方は、エストロゲンの減少していくペースをダウンさせることを目的として行われているのです。

ということは、エストロゲンの減少をゆるやかにすれば、更年期にも肌アレで悩むことがなくなってくるということです。

それではどうやってエストロゲンの減少をゆるやかにしていくかということをお伝えします。

 

更年期の肌悩みを和らげるサプリメント

やはりこのような目的を持って対応するには、サプリメントが心強い味方であると言えます。

おすすすめは、

  • プラセンタ
  • コラーゲン
  • エラスチン
  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • 乳酸球菌

このような成分をとることで、ハリと弾力をUPさせて、つやつやとしたうるおい肌を目指すことができます。

ホルモンを補充するといった治療ではなく、サプリメントだからこそ副作用などの心配も低く安心して長く続けていくことができますね。

 

特にプラセンタは心身ともにおだやかに過ごすためにおすすめの成分です。

 

ずっと続けてほしいこと

あっという間ではありますがしかし、人生を送っていく中で、辛い時期が続くとどうしても落ち込んでしまいますよね。

けれども、スキンケアそのものをやめてしまっては、さらなる肌アレを引き起こしまた落ち込んでしまうという悪循環につながります。

そのため最低限、

  • 紫外線対策
  • 乾燥対策

この二つは必ず続けていきましょう。

 

紫外線対策

美白成分の配合されたクリームを使用して、今あるシミやこれからのシミを予防しましょう。

そして紫外線は肌の老化を加速させてしまいますので、必ず日焼け止めを使用してください。

この日焼け止めの数値ですが、目安として日常生活ならSPF20ぐらいで十分です。

 

ほてりや汗による化粧くずれの目立ちが気になる場合は、日焼け止めクリームのあとは保湿力はありながらもカバー力はあっさりとしたファンデーションがおすすめです

実はパウダーファンデーションや、カバー力のあるファンデーションでお顔全体をしっかりメイクにしないこともおすすめです。

 

例えばシミの部分だけにコンシーラーを使用して、そのあとはフェイスパウダーだけで仕上げてもいいですし、ファンデーションを使うならばツヤのある保湿タイプのファンデーションにし、さっぱりとしたこってりファンデーションは避けましょう。

なぜそれをおすすめするのかというと、汗をかいたりほてりが出たときに、カバータイプのファンデーションでは化粧くずれが目立ってしまいますし、保湿タイプでメイクしなければ、突然の汗が引いた後の乾きも心配な要素となるからです。

 

乾燥対策

実は肌の乾燥は、

  • シミ
  • しわ
  • たるみ
  • かゆみ
  • 化粧くずれ

という肌悩みを悪化させてしまう原因をつくりだします。

 

女性ホルモンの減少で肌がごわごわしたり、フェイスラインのたるみが進行してきます。

よく、それを気にして肌を引っ張るようにお手入れをしている方がいますが、それでは逆効果です。

 

引っ張ったりゴシゴシしたりしたぶん肌はダメージを受け、その部分に摩擦も起きているためシワやたるみが悪化します。

無理な負荷をかけずに、優しく肌をいたわることを守ってください。

 

また、汗をかきやすくなったからと、クリームを使うことをやめてしまう方もいますが、さまざまなスキンケアアイテムの中でも、クリームの保湿力はとても心強いものです。

『クリームはベタベタする』という苦手意識を持っている方もいますが、全てのクリームがベタベタするわけではありません。

特に美白効果のあるクリームは後肌がなめらかな感触のものが多いです。

 

肌老化防止成分

ハリやツヤのUP、乾燥を改善するには、

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • コエンザイムQ10

特に『コエンザイムQ10』は肌の酸化を防ぐ効果があるのでおすすめです。

何度もこすることのないようシンプルなケアでしっかりと保湿しハリと弾力をUPさせるために、こういった成分の配合されたクリームはとても有効となるわけです。

 

ストレスがある時こそ、肌のお手入れをして癒してあげましょう。肌は引っ張るのではなく、笑顔の表情筋で持ち上げることのほうがよほど効果的ですよ。

 

最後に・・・

肌を綺麗にする方法

現代では平均寿命が伸びているため、閉経後約30年もの間エストロゲンが減少した状態で過ごしていくことになります。

50代はそんな次の人生のステップに向けた準備の年代であると言えます。

 

また子供の自立とともに自分の時間が持てるようになりますから、適度に運動したり、趣味を大切にしたりと、自分の好きなことにどんどん時間を使っていきましょう。

孫の相手をするという方やペットと散歩することを運動の一環にしていくのも素敵な方法だと思います。

ちなみにモデルの前田典子さんはボクササイズを長年続けているそうです。長く輝いている人は、何か打ち込めるものを持っている方がほとんどだと言えます。

 

ここで紹介した方法であなたの行動力の後押しになるはずです。一歩一歩、ご自身を一番大切にした時間を作っていきましょう。

表情筋を鍛える意味でも、笑顔になる毎日を送ってくださいね!

The following two tabs change content below.
美容アドバイザー MANACHI

美容アドバイザー MANACHI

はじめまして!美容アドバイザーのMANACHIです。 『あなたのためのキレイをご提案』をコンセプトに、育児のかたわら有名なコスメからまだあまり知られていないもの、そして美容の基本などをお伝えしています。 美容学校やビューティーアドバイザ―としての学び・経歴を持ち、スキンケアやメイクアップを通し女性が美しく輝くことが大好きな一児のママです。 約10年にわたり積み重ねた経験と美容知識をもとに、みなさんの『なぜ?』を解決し、あなたの毎日が明るくなるよう『キレイ』の秘訣をお伝えしていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。