シミ消しクリームは市販で消えるのか!?

menu

シミ消しクリーム市販ランキング

肌を綺麗にする方法

40代になり、少し自分の時間が持てるようになったある時、鏡に映った顔を見て『あれ?』と思うことがありませんでしたか?

40代の肌に一体何が起こっているのでしょうか。

ここでは綺麗を目指すあなたへそんな疑問の原因と対策、40代の肌を綺麗にする方法をご紹介します。

 

40代になると今までとは違った肌の悩みが出てきます。

私が美容部員として10年以上つとめていた中で、日々たくさんの女性がやって来ては、それぞれに抱える肌悩みを話してくれました。

  • 『こんな肌じゃなかった』
  • 『今までと全然違う』

そんな声が多くなる40代の肌悩みですが、その中でも特に多いものとして挙げると、次の3つです。

  • シミ
  • 小ジワ
  • たるみ

このような40代の女性が抱える3大肌悩みの原因、そして対策をここではご紹介します。

 

例えば次のように、

  • 『美容クリニックで治療をするしか方法はないのか』
  • 『レーザー治療などに抵抗がある場合、なすすべはないのか』

といった不安を抱えている方も多いと思いますが、このページを読んでいただければ『まだ間に合うんだ』と前向きな気持ちになっていただけると思います。

 

それではまず、気になる『40代女性の肌に何が起こっているのか』について解説します。

 

40代の肌に危険信号?!一体何が起きている?

考える

これまで通り毎日のお手入れをしていても効果を感じにくくなっていませんか?

つけてもつけても浸透しにくくなっていたり、乾燥していたり、肌表面がごわついたりしますよね。

これは20代後半から肌の水分と油分の両方が減少することにより引き起こされます。

 

そして30代までとは違い、肌の色が黄ぐすみしてきたり、ツヤ感がなくなり冴えない感じがしたりします。

これは肌の酸化や糖化によるもので、肌老化の危険信号が点灯し始めたサインです。

 

40歳がピークとなりあとは下降していく肌深部の真皮の70%を占めているコラーゲンのはたらきや、女性ホルモンのバランスが乱れることも大きく関わってきますので、こういった変化を感じたらお手入れを見直すことから始めましょう。

そのためにも、40代の3大肌悩みについてそれぞれ詳しく説明します。

 

40代の肌の変化①シミ

日焼けシミ消し

ひとことでシミと言ってもいろいろな種類があります。

40代の女性を悩ませるシミの種類は次のようなものです。

 

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

多くの方が『シミ』と言えば想像するのがこちらで、一般的に皆さんが『シミ』と呼ぶもののことです。

早い方で20代後半頃、そして多くの方は30代に『急にシミが出てきた』とおどろかれます。

そして40代になるとほとんどの方が『シミ』の出現を感じ、また『シミが増えた』『濃くなった』というふうに、悩みが深くなっていきます。

 

これは主に、紫外線ダメージが蓄積されたことが原因でできてしまいます。

 

炎症性色素沈着

ニキビや吹き出モノのあとが色素沈着して残ったものです。

口元やあご、フェイスラインにできる大人ニキビストレスニキビがこの色素沈着を招いてしまいます。

 

肝斑(かんぱん)

こちらは30代~40代を過ぎた頃から現れることが多く、頬骨の付近に影が入ったようにできるものです。

30代を超えてから現れることから、女性ホルモンの働きが関係していると考えられています。

 

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

シミ部分がぷくっと盛り上がってできるイボのようになったもののことです。

40代以降にできることが多いことから年齢を重ねた肌が原因と考えられます。

 

ではどうすれば?

それぞれのシミの特徴と原因をお伝えしましたが、『このままじゃいやだ』『じゃあどうすればいいの?』そう思いますよね。

 

確かにこのまま放置すれば、シミは濃くなり、広がるいっぽうです。

何もしないでシミが消えることはあり得ません。

正しい対処法をこのページの後半でお伝えしますね。次の項目では40代の小ジワの悩みの原因についてご紹介します。

 

40代の肌の変化②小ジワ

肌悩み

20代や30代半ばまでは、乾燥による小ジワが多かったのに対し、40代を過ぎると本格的なシワへと変化していきます。

また、今まで乾燥知らずで『乾燥ジワや小ジワとは無縁だわ~』と思っていた方でさえ、『気がつくと小じわが出来ていた!』という方も実は多くなってくる年代でもあります。

 

このように小ジワができてしまう原因は、

  • 乾燥
  • ストレス
  • 紫外線
  • 年齢によるもの

などがあり、乾燥による肌表面のダメージだけでなく肌の内部ではコラーゲンが減少し、肌表面を支えていた柱がゆるみ始め、乾燥ジワから本格的なシワへと変わっていきます。

 

そして紫外線ダメージは蓄積されていきますし、40代になると肌の回復力もターンオーバーの力も弱まりますから、今のままではより深いシワになってしまいます。

 

『シワは消せるの?』と気になるところだと思いますので、対処法については後半でお伝えしていきます。

 

40代の肌の変化③タルミ

子育てや仕事も初めての山を越えて、『さあ何か始めたい』『自分に時間を使いたい』そう思ったとき、なんとなく顔に影が入っているように感じ始め、以前の自分との違いにショックを受ける方も多い年代です。

ほうれい線、頬の毛穴、目の下のたるみ…このようなところに影があるだけでどうしても年齢が上に見られてしまいます。

 

40代から現れるほうれい線などのたるみの原因は、

  • ストレス
  • 紫外線
  • 表情筋
  • 年齢を重ねて起こるもの

などがあります。

 

ストレスを感じたり紫外線を浴びると、活性酸素が発生し、肌老化をさせてしまいます。

また、年齢とともに肌の水分保持力や、コラーゲン生成量の低下などで肌のハリ感やツヤ感が減少します。

そして、免疫力が低下して、紫外線ダメージも受けやすくなっています。

 

ここで質問ですが、あなたは今どんな表情でこのページを読んでいますか?

 

姿勢はどうですか?

 

猫背になっていませんか?頬杖ををついていませんか?

椅子に寄りかかったり、長時間スマホを見て下を向いていませんか?

 

これらのすべては筋力を弱め、顔のたるみを引き起こします。ハッとした方が多いのでは・・・?

 

40代の肌の変化へ正しい対処法とは?

40代の肌に何が起こっているのか、40代の3大肌悩みをますはご紹介しました。

あなたはいくつ当てはまりましたか?

原因がわかったところで、ここからは正しい対処法についてひとつずつお伝えします。

 

シミ対策は?

40代からはターンオーバーの約4週間のリズムが遅くなってきます。

そしてたまにいらっしゃるのですが、シミというのはその部分をゴシゴシこすったり、洗顔をがんばれば、こすり取れるような存在ではありませんので、無茶をするのはやめてくださいね。

ゴシゴシしたところで、肌表面が傷だらけになって、そこから肌荒れしたり乾燥したりと、肌悩みが増えてはなおさら辛い日々を送らなくてはなりませんから。

正しい対処法でケアしましょう!

 

シミ対策①防ぐ

紫外線は大敵となりますので、必ず日焼け止めや日焼け止め効果のある化粧下地を使用してください。

メイクの持ちを良くするため両方使用する場合は、日焼け止め→化粧下地の順に使用します。

寒い日や曇りの日、室内でも紫外線は降り注いでいますますので、毎日どちらかひとつは必ず使用してくださいね。

 

シミ対策②整える

シミには美白有効成分の配合されたスキンケアで毎日欠かさずお手入れしていくことが大事です。

美白有効成分で、

  • ハイドロキノン
  • トラネキサム酸
  • アルブチン

などを中心としたものがおすすめです。いきなりレーザー治療などに抵抗がある方も、肝斑のケアとしても取り入れやすく安心です。

そして体内からのケアもあわせておこなっていきましょう。

 

小ジワ対策は?

40代のシワ対策には良質なスキンケアを使用し、毎日継続してケアを続けることで潤いが高まり小ジワを改善していくことが出来ます。

 

小ジワ対策①大人のこだわり

また、大人の女性がより輝くためには、洋服を選ぶとき、生地・着心地などの品質にこだわり差をつけるのと同じように、より良質で確かなものへとこだわっていきたいところですね。

なんでもそれなりになった20代とは違った、『大人の魅力を出していく』ということをおすすめします。

 

高ければいいということではありませんが、やはりあまりに安価なものは刺激になる成分が含まれていたり、美肌有効成分の配合量が少量だったりします

しっかりと美肌成分の配合されたスキンケアや、お顔の中で最も皮膚がうすく乾燥やシワになりやすい目の周り専用のケア、そして食事など体内からのケアで差をつけていきましょう。

 

小ジワ対策②整える

小ジワには、ハリと弾力をアップさせ、保湿効果の高いスキンケアを毎日のお手入れにとりいれましょう。

美肌成分では、

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • アミノ酸

などが必要な成分です。

 

たるみ対策は?

40代からは肌の水分量やコラーゲンを生み出す量が減少します。

そして無表情でいたり下を向いて長時間スマホを見ていたりすると肌を支える表情筋が弱くなっていきます。

 

たるみ対策①同年代と差をつける

早くケアすればするほど見た目年齢を若くし、同年代の方との差ができますので、気になった今こそしっかりとケアしましょう。

表情筋は笑顔になることでもきたえられます。そして、笑顔は美肌ホルモンを活性化させると言われています。

 

スマホをずっと見ている時など、できるだけ鏡をチェックしてみましょう。そうすることで背筋もピンと伸びてきます。

こうした方法なら筋トレが苦手な方も毎日の生活に組み込むことが出来るのではないでしょうか。

 

たるみ対策②整える

肌の真皮層から肌を支える力をサポートする成分や、エイジングをおさえる働きのある成分が配合されたスキンケアでケアをしましょう。

成分では、

  • アスタキサンチン
  • レチノール
  • コエンザイムQ10
  • ビタミンC

などの配合されたものでハリのある肌へ導くことが出来ます。

 

40代の肌に必要な内側からのケア

シミ・小ジワ・たるみの対策として身体の中からのケアも重要です。

女性ホルモンのバランスが乱れる40代からは『更年期』の対策も必要になります。

そこでおすすめしたいのは次の美肌成分です。

 

プラセンタ

食事で摂取しきれない栄養素はサプリメントで補います。

40代女性には、ホルモンバランスを整え、肌細胞を活性化させる成分、プラセンタがおすすめです。

 

プラセンタは医薬品にも利用され、哺乳類の胎盤のことを言います。

肌細胞のもとであるタンパク質を構成するアミノ酸が20種すべて含まれていたり、滞りがちな代謝を促進させ健康的な状態にします。

 

このようにプラセンタにはコラーゲンやヒアルロン酸を増やし、美肌へ導く効果があるのでぜひ取り入れてほしいと思います。

 

最後に・・・

肌を綺麗にする方法

今回は、

  • 40代の肌に何が起こっているのか
  • 40代の3大肌悩みの原因
  • 肌悩み別美肌対策

このような内容でお伝えしましたがいかがでしたか?

 

『なんだか今までの私と違う』

そう気付いた今がチャンスです。もう遅いなんてことはありません!

毎日の前向きな少しの心がけが自信となり、さらにあなたの姿勢をピンとさせ、より美しく見せてくれるでしょう。

40代には40代の美しさがあることを覚えておいてくださいね。

 

The following two tabs change content below.
美容アドバイザー MANACHI

美容アドバイザー MANACHI

はじめまして!美容アドバイザーのMANACHIです。 『あなたのためのキレイをご提案』をコンセプトに、育児のかたわら有名なコスメからまだあまり知られていないもの、そして美容の基本などをお伝えしています。 美容学校やビューティーアドバイザ―としての学び・経歴を持ち、スキンケアやメイクアップを通し女性が美しく輝くことが大好きな一児のママです。 約10年にわたり積み重ねた経験と美容知識をもとに、みなさんの『なぜ?』を解決し、あなたの毎日が明るくなるよう『キレイ』の秘訣をお伝えしていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。