シミ消しクリームは市販で消えるのか!?

menu

シミ消しクリーム市販ランキング

セルピュアの気になる成分を調べてみた!

『毎日忙しい』『自分の時間がない』と悩める30代女性。日々の疲れとともにお肌の悩みも増えていませんか?

しかし、毎日の心がけで肌が綺麗になることをサポートすることができるのをご存知ですか?

ここでは30代の肌悩みの原因と改善対策、綺麗にする方法をご紹介します。

 

20代半ばを過ぎてから肌の悩みが続いてしまうようになり、30代を超えると明らかに肌が変わったと感じてきます。

身体の変化に加え、生活環境の変化が続く年代であり、毎日の疲れが積み重なる上になかなか取れなくなってきます。

 

30代女性のほとんどの方が肌悩みを抱え、その中でも圧倒的に、

  • 『毛穴』
  • 『くすみ・シミ』
  • 『乾燥』

という方が多いです。

 

また、初産平均年齢が現在は30歳ということもあり、あっという間にお手入れをする時間が無くなり、月日が経過していたという方も多い年代です。

ここでは、そんな忙しい30代の女性の肌悩みを紐解き、また解決策を紹介します。

 

30代の肌の3つの肌悩みとその原因とは?

30代の女性は、仕事や家事育児など目まぐるしい毎日に突入し、いつの間にか肌ストレスが蓄積して進行しています。

そんな多くの30代の女性の肌悩みの原因を知り、対策に備えていきましょう。

 

30代肌悩み①毛穴

30代の女性の毛穴の悩みには、黒ずみに加え、頬の毛穴が目立ってくるという新たな毛穴の悩みが加わります

この毛穴は、通称『たるみ毛穴』と呼ばれるもので、20代前半には見られなかった現象です。

 

原因

この『たるみ毛穴』は肌の深部である真皮層のコラーゲンが年齢とともに減少して起こるものです。

なので、汚れや皮脂が詰まってできた毛穴の黒ずみの悩みとは違います。

 

真皮層はその中の70%をコラーゲンが占めています。

このコラーゲンは繊維が集まってできているのですが、それをより強固に束ねてくれる働きをするエラスチンとともに肌の弾力を中からしっかりと支えるという役割をしています。

 

しかしこの大事なバネであるコラーゲンとエラスチンは年齢を重ね紫外線ダメージを受け、そのバネの働きを低下させてしまい、バネが伸び切った状態になってしまうのです。このためキメの凹凸が平らになり毛穴が広がったように感じてしまうのです。

 

また肌が乾燥している場合も皮脂は肌を守るためにがんばるため、乾燥しているのにてかりが気になる状態になります。

こうして分泌された皮脂が毛穴に残ってしまうと、参加してそれが黒ずみとなってしまいます。

 

30代肌悩み②シミくすみ

日焼けシミ消し

長い間紫外線を浴びた30代のお肌はシミが一気に増えたと感じる方が多いです。

特に『出産後一気にシミが増えた』『シミが濃くなってきた』と悩む方が多く、今まで通りのケアでは肌の調子を良好にすることが難しくなってきます。

 

原因

妊娠・出産・子育てによる大きな環境の変化が起こる30代は、年齢によるターンオーバーのリズムの乱れから、シミやくすみを定着させてしまいます。

  • ストレス
  • 女性ホルモンのバランス
  • 不規則な生活
  • 紫外線

こういった原因がシミのもとになっています。

また、『化粧をするとくすむ』という声もありますがこちらは、皮脂や化粧品の油分が空気に触れ酸化して、時間が経つと肌色がどんよりくすんでしまうことが考えられます。

 

30代肌悩み③乾燥

30代になって、目じりや口元にこれまでにはなかったような小じわができて、なかなか治らないことがありませんか?

20代の頃に明らかになかったため、鏡を見てショックを受けてしまったという声が多いです。

 

原因

実は乾燥は、シワの原因のひとつなので要注意です。

残念ながら年齢とともに体の中の水分量は減少していき、肌の表面のキメが乱れて潤いを保ちにくい状態であり、刺激にも弱い状態となっていて、これがだんだんと小ジワへと変わっていくのです。

  • 紫外線
  • エアコン
  • 熱いお湯での洗顔
  • ストレス

このような原因もありますが、中には『意外!』と思われるものも入っていたかもしれませんね。

しかし、みなさん知らぬ間に乾燥を招いてしまっています。

 

先述した通り、紫外線は肌のバネであるコラーゲンやエラスチンにダメージを与えることから、肌に必要な成分が生み出されることを邪魔してしまいます。

そして、年中エアコンのきいた職場や部屋で過ごすという環境も乾燥を招きますし、40度以上のお湯での洗顔も潤い成分が逃げる原因になっています。

また外の仕事や家庭内の仕事などを抱えストレスが増えると、美肌ホルモンが衰退してしまったり、時間がなくてつい水分や食事をとることがおろそかになってしまうことも、乾燥しやすい環境から肌を守るのが難しくなってしまいます。

 

30代の肌を綺麗にする方法と対策とは?

日常生活を送る中で、様々な原因で肌悩みが出来てしまうことがわかりました。

それでは一体どうすれば解決できるのでしょうか。

ひとつずつ解説します。

 

30代の肌の綺麗対策・方法①毛穴

美肌

毛穴が目立ってきたからと言って、無理に取ろうとしては逆効果です。

クレンジングや洗顔でゴシゴシするなんてもっての外で、力を入れてこすっても毛穴の目立ちは絶対になくならないことを覚えておいてください。

 

毛穴を目立たないようにするには『優しさ』が大事です。

これは気休めでも気持ちの問題でもありません。

 

この理由は、肌の見た目を左右する表面部分・『角質層』が実はラップ一枚より薄い膜で出来ていることが挙げられます。この角質層はゴシゴシこするとすぐに傷み、過剰な皮脂や毛穴の目立ちにつながっているのです。

反対に、角質層がうるおっていると、過剰な皮脂やてかりを防ぎ毛穴の汚れを排出しやすく詰まりにくいという循環が出来上がります。

 

だから優しい力加減はとても大事なことなのです。

 

洗顔方法を見直す

具体的には、皮脂汚れやクレンジングの油分を取る作業である洗顔をするときに、時間をかけるべきは『泡立て』です

手でしっかりとした泡を立てますが。苦手な方は泡立てネットを使用してください。

 

その泡を両頬、おでこ、鼻、あごの5か所に分けてのせ、泡のクッションを利用して洗います

使うのは中指と薬指をそろえた指の腹。お顔に直接触れぬよう、せっかくしっかりと泡立てたその泡を、くるくるとお顔全体に広げます。

 

あまり長時間におよぶ洗顔は、肌のうるおいまで奪ってしまうため、お顔に泡をのせたらできるだけ1分以内に済ませましょう。

おすすめはTゾーンから洗い始めることです。どうしても頬から洗いたくなってしまいますが、頬よりも確実に皮脂が多く汚れの詰まりやすい鼻をまずはしっかり泡でくるくるしてください。

鼻→おでこ→あご→頬→目元

この順番で洗ってください。乾燥しにくい所から→乾燥しやすい所へ…の順番です。

 

仕上げも大切

泡を全体へなじませたら、すぐにぬるま湯で洗い流します。このぬるま湯というのは37度ぐらいまでがおすすめです。

なぜなら細胞というのは人の体温よりも高い温度には弱いため、寒い季節でもお顔を洗う水温には気を付けてくださいね!

 

洗顔が終わったらやわらかいタオルで顔を押さえるようにしながら拭き取りです。ここでもゴシゴシは禁止です。

洗顔後やお風呂上りはそのままだとどんどんうるおいが逃げてしまうのですぐに化粧水や乳液で保湿しましょう。

 

洗顔後30秒を超えるとどんどん潤いが逃げ始めると言われています。

お子様がいると難しい場合もありますが、洗面所にスキンケアを置いておくなどして、何もつけずに過ごす時間を減らしていくようにしましょう。

 

30代の肌の綺麗対策・方法②シミ・くすみ

シミ・くすみは必ず日焼け止めと、日焼け止め効果入りの下地をファンデーションの前に塗って予防しましょう

紫外線ダメージを受けにくい、化粧もちも良い状態にしておいてください。

 

そしてシミ・くすみを改善するために、美白化粧品を思いつくかもしれませんが、たくさんの『美白』と名の付く化粧品があふれている中で『一体何を選べばいいのか』と迷ってしまいますよね。

そこで、美白有効成分をまとめたので、あなたが今まで使用していたスキンケアで効果を感じないなら、次のような美白有効成分の配合されたスキンケアを試してみることをおおすすめします。

 

シミ予防に有効な美白成分をチェック

  • アルブチン
  • トラネキサム酸
  • コウジ酸
  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタエキス
  • ハイドロキノン

また、ここでもお伝えしますが、くすみや茶ぐまで悩んでいる方も、今一度力加減について見直してみてください。

なぜかというと、ゴシゴシとこすったり、力を入れてお手入れをすると肌に摩擦が起こりそこが炎症となって、シミやくすみがなかなか治らないといった悩みにつながるからです。

 

先述した通り、肌を外の刺激から守っているのはラップ一枚よりもうすい角層ですので、簡単に傷ついてしまいます。

傷ついてしまった角層は、紫外線やエアコンの刺激を受けやすくなり、乾燥やキメの乱れのもととなり、さらに肌深部のダメージを排出しにくくなってしまいます。

 

お手入れは毎日の事ですので、毎日の少しの心がけで肌の状態を良好にしていくことが出来ます。

シミやくすみは即効的に改善するものではありませんが、コツコツと続けていきましょう。

 

30代の肌の綺麗対策・方法③乾燥

肌悩み改善策

乾燥の原因のうちである紫外線やエアコンですが、お顔だけは洋服を着ることが出来ず、絶えずその環境下にさらされ続けていることを忘れてはいけません。

そのため十分な保湿と紫外線対策は一年を通して続けていくようにしてください。

 

生活スタイルの改善

洗顔後はなるべく時間を空けずにスキンケアを始めてください。

化粧水だけでなく、水分が逃げないように乳液、そして肌に栄養をあたえるクリームでしっかり肌の中に水分を留めましょう。

 

それから、紫外線から肌を守り、乾燥を防ぐためここでも日焼け止め効果のある下地と、クリームタイプのファンデーションを使用するのがおすすめです。

これは同じファンデーションでもパウダーファンデーションと違い、乾燥した肌でも密着しやすく、保湿力も高くなるからです。

 

クリームファンデーションをつける時も、力強くのばすのではなくトントンと優しく叩き込むようにつけます。

力の入りにくい薬指と中指の2本の指の腹を使うか、清潔なスポンジを使うとよいでしょう。

 

また、乾燥から守る環境づくりも大変有効です。

例えば部屋に加湿器を置いたり、濡れタオルを部屋干ししたり、エアコンによる乾燥を予防することを続けてください。

そして食事や水分をしっかり摂って、サプリメントを活用するなど、生活スタイルの改善も乾燥の予防と改善に役立ちます。

 

最後に・・・

肌を綺麗にする方法

30代の肌の悩みと肌を綺麗にする方法についてご紹介しましたがいかがでしたか?

  • 洗顔の方法
  • 美白成分の知識
  • 生活スタイル

など、改善点が見つかりましたか?

 

お顔の肌は常に紫外線やエアコンなどの外の刺激から肌内部を守るため頑張ってくれています。

しかし肌細胞の外側である角質層はとても薄いため、大切にあつかってあげてくださいね。

 

お顔は洋服を着る代わりに日焼け止めや化粧下地えお使用することが洋服変わりとなり外の刺激から守ることができます。

そしてやさしいお手入れステップ、身体の中のケアを続けていきましょう。

 

毎日の積み重ねで、あなたの肌がもともと持っている、自らきれいになろうとする力をサポートすることができます。

このような知識を身に付け正しいお手入れを行ってくださいね。

The following two tabs change content below.
美容アドバイザー MANACHI

美容アドバイザー MANACHI

はじめまして!美容アドバイザーのMANACHIです。 『あなたのためのキレイをご提案』をコンセプトに、育児のかたわら有名なコスメからまだあまり知られていないもの、そして美容の基本などをお伝えしています。 美容学校やビューティーアドバイザ―としての学び・経歴を持ち、スキンケアやメイクアップを通し女性が美しく輝くことが大好きな一児のママです。 約10年にわたり積み重ねた経験と美容知識をもとに、みなさんの『なぜ?』を解決し、あなたの毎日が明るくなるよう『キレイ』の秘訣をお伝えしていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。